• Home
  • 2019年度のお知らせ
  • 電気・電子工学専攻の2名がCANDAR'19でCANDAR Workshop Best Paper AwardおよびCANDAR Best Poster Paper Awardをそれぞれ受賞

電気・電子工学専攻の2名がCANDAR'19でCANDAR Workshop Best Paper AwardおよびCANDAR Best Poster Paper Awardをそれぞれ受賞

2019/12/03

The Seventh International Symposium on Computing and Netwarking (CANDAR'19)において、電気・電子工学専攻修士2年の山内啓彰・1年の中上誠さん(ネットワークコンピューティング研究室・山口実靖准教授)の2名が、CANDAR Workshop Best Paper Award(山内さん)・CANDAR Best Poster Paper Award(中上さん)を受賞しました。

研究題目
  • 山内啓彰さん:A Study on Service Indentification Based on Server Name Indication Analysis
  • 中上誠さん:Usable Disk Space Control Based on Hadoop Job Features
受賞コメント

山内啓彰さん
はじめに、指導教員の山口実靖准教授、共著者の東京大学・中尾彰宏教授・山本周特任助教、お茶の水女子大学・小口正人教授に感謝いたします。自分の研究が評価されて嬉しく思います。研究活動の大きな励みになりました。

中上誠さん
はじめに、指導教員の山口実靖准教授、共著者のフロリダ大学Jose A.B.Fortes教授に感謝いたします。自分の研究が評価されて嬉しく思います。研究活動の大きな励みになりました。

ネットワークコンピューティング研究室
電気・電子工学専攻
大学院の活動・実績