• Home
  • 2020年度のお知らせ
  • 建築学専攻生が「集合住宅再生・団地再生・地域再生学生賞 内田賞(最優秀賞)」を受賞

建築学専攻生が「集合住宅再生・団地再生・地域再生学生賞 内田賞(最優秀賞)」を受賞

2020/08/12

建築学専攻修士1年の鈴木菜都美さん(遠藤新研究室所属・遠藤新教授)が一般社団法人団地再生支援協会より「集合住宅再生・団地再生・地域再生学生賞 内田賞(最優秀賞)」を受賞しました。

一般社団法人団地再生支援協会では、団地再生の推進を図るため団地再生をテーマとする学生の作品を対象に、毎年テーマを設けて表彰しています。
今年度のテーマは「集合住宅・団地・地域の再生に向けた提案と実践」。
実在する集合住宅・団地・地域の再生を課題とする学生の作品および活動の中から、空間・コミュニティ・技術などの面においてすぐれたものを「集合住宅・ 団地・地域再生学生賞」として表彰するものです。

鈴木菜都美さんの提案は(鈴木さん自身の出身地である)浜松市の郊外住宅団地の再生を提案するものであり、最優秀となる内田賞を受賞しました。

卒業設計賞 第17回 集合住宅再生・団地再生・地域再生学生賞 審査結果 | 団地再生支援協会
都市計画・都市デザイン分野 遠藤(新)研究室
建築学専攻
大学院の活動・実績