Science Create Projectが新演目開発に挑戦

2020/12/02

Science Create Projectは、科学に関する様々な実験や工作、演示を通して、子どもたちにより理科に興味を持ってもらうことを目的として日々活動しています。11月12日には、4号館4階実験室で、今回は人工いくら、万華鏡、象の歯磨き粉の実験を行いました。

今回初挑戦した象の歯磨き粉は過酸化水素水の分解による化学反応で、まるで象が歯磨きをしているかのように、次から次へと細かな泡が湧き出てきます。今後、イベントなどで子どもたちに楽しんでもらえるよう、教材作りを進めます。

  • 象の歯磨き粉

人工いくらは、アルギン酸ナトリウムの水溶液を塩化カルシウム水溶液中に滴下することで、まるでいくらのような小さな丸い粒ができあがる実験です。新メンバーも加入したため、人工いくらの実験と万華鏡制作は、今までの演目のおさらいとして行いました。

  • 人工いくら

今後は、今回行った象の歯磨き粉を含む新演目開発と、次年度に向けてみつばちプロジェクトとの合同企画を進めていきます。

Science Create Project
ScienceCreateProject(SCP)は、科学に関する様々な実験や工作、演示などの教材開発を通し、対象者である子どもたちに、より理科に興味を持ってもらうことを目的として日々活動しています。
学生プロジェクト
学生グループによる理工学に関する創造活動。世界一を狙う「ソーラーチーム」や、キャンパスで採取した蜂蜜を商品化している「みつばちプロジェクト」など10を超える団体が活動中。
Science Create Project Twitter