みつプロとSCPによるハンドソープ、3月に完成予定

2022/01/21

学生プロジェクトのみつばちプロジェクトとSCPは、2021年に学内で採れたはちみつをつかって、ハンドソープを作ります。協力企業との打ち合わせや作業を重ね、3月に納品予定です。

両プロジェクトは、これまでに、入浴料*やハンドクリームを作ってきました。製品化第3弾は、はちみつの抗菌作用と香りを活かしてコロナ禍の社会に貢献しようとの想いから、ハンドソープに決定。石鹸作りに協力くださる株式会社コスメティック・バーリィ様、ボトルに貼るパッケージラベル制作では、デザイン制作会社とオンラインや対面での打ち合わせを重ねてきました。

  • オンラインミーティングのひとこま
  • 12月24日に行われた対面での打ち合わせ
  • 社会で通用する品にするため細部まで検討

ハンドクリームはホテルで提供されて好評だったため、ハンドソープも学外で広く使われることを目標に、泡とボトルの色、香りの構成、使用感、殺菌作用重視など、社会で通用する商品を目指しています。ボトルのラベルは、入浴料とハンドクリームのデザインを一部踏襲するなど、シリーズとしての見せ方やイメージにも配慮。複数の案から、メンバーの投票で優先順位を決めました。12月24日の打ち合わせを経て工場での試作が始まり、3月に八王子キャンパスに納品されます。

*入浴料:一般的に入浴剤といわれる商品に近いもの。学生たちが手掛けた物は、成分から薬機法により入浴料と分類される。

学生プロジェクト みつばちプロジェクト
学生プロジェクト SCP
トップへ