プロジェクト概要

みつばちプロジェクトは、キャンパス内でミツバチの飼育を行い、その経験と科学の視点を交え、イベントを通してミツバチ・養蜂に関する知識と理解を深めてもらうことを目的とし、イベントで蜂蜜の試食や販売をしています。また、学内研究室へのハチ試料の提供も行っています。普段の活動では、週一回巣箱の点検と春~夏にかけて数回の採蜜を行っており、現在は先進工学部・工学部・情報学部の学生が所属しています。第一次産業、商品製作、養蜂に興味がある方はぜひ見学にお越しください。

顧問 山口 和男
学生代表(主将・部長) 酒匂 拓海
部員数 25名

ギャラリー

年間スケジュール

  • 4月 養蜂 新入生歓迎会
  • 5月 養蜂 春採蜜
  • 6月 養蜂 初夏採蜜 外部イベント出展
  • 7月 養蜂 夏採蜜
  • 8月 養蜂 晩夏採蜜
  • 9月 養蜂
  • 10月 養蜂 八王子祭(模擬店)
  • 11月 養蜂(越冬) ジャパンハーヴェスト出展
  • 12月 養蜂(越冬) ミツバチサミット参加
  • 1月 養蜂(越冬)
  • 2月 養蜂(越冬)
  • 3月 養蜂(越冬)

実績

2014年 新宿祭にて蜂蜜の初販売
2017年 八王子祭にて蜂蜜の再販
2018年 学校生協にて蜂蜜販売開始

「みつばちプロジェクト」「Science Create Project」が入学式で入浴剤を配布しました

4/1(月)入学式で、「みつばちプロジェクト」「Science Create Project」の学生約30名が、オリジナル入浴剤「KUTE Honey In The Bath」を新入生のみなさんにプレゼントしました。

全文を読む

「みつばちプロジェクト」「Science Create Project」が卒業生のみなさんへ入浴剤をプレゼントしました

3/20(水)学位授与式の日に、「みつばちプロジェクト」「Science Create Project」の学生約20名が、オリジナル入浴剤「KUTE Honey In The Bath」を卒業生のみなさんにプレゼントしました。

全文を読む

「みつばちプロジェクト」「Science Create Project」が株式会社八重椿本舗の工場を訪ねました

3月4日、みつばちプロジェクト、Science Create Projectが神奈川県平塚市にある八重椿本舗の工場を訪ねました。

八重椿本舗の方々にご協力いただき、はちみつ入り入浴剤「KUTE Honey In The Bath」の製造に1月から着手してきましたが、この日はまさにその入浴剤が完成し、袋詰めされる日でした。工場の方々のご厚意で、入浴剤を製造し袋詰めされるまでの工程を学ばせていただきました。入浴剤の製造工程、成分分析、品質管理、パウチ封入などについて学ぶ貴重な機会となりました。

全文を読む

みつばちプロジェクトとScience Create Projectが合同ワークショップに参加しました

1/24(木)、八王子キャンパスでみつばちプロジェクト(以下、みつばちPJ)とScience Create Project(以下、SCP)の学生8名が合同ワークショップに参加しました。
 
みつばちPJは八王子キャンパスで養蜂・採蜜を行い、蜂蜜販売を目指しているプロジェクト、SCPは理科実験を通して子どもたちに科学の面白さを伝える活動を行っているプロジェクトです。活動内容が全く違う2つの学生プロジェクトですが、現在、3月と4月に行うコラボ企画の準備を通して、さらに活動の幅を広げています。
 
全文を読む

山田養蜂場・山田社長に巣箱を見ていただきました

みつばちプロジェクトは、八王子キャンパスで養蜂・採蜜を行い、蜂蜜販売を目指している学生プロジェクトです。
12月8日(土)、長年みつばちプロジェクトのアドバイザーをしていただいている(有)山田養蜂場 山田社長に八王子キャンパスにある巣箱の様子を見ていただきました。
今回の来校では、ミツバチ2群の越冬に向けた対策をしていただきました。100点中80点という評価でした。来春の入学式頃にキャンパス内で満開になるサクラの蜂蜜を集めてもらうため、安定した越冬を目指します。

留学生・留学生サポーターによる交流会「Honey Cooking Party」(留学生交流会)を開催

11月28日(水)、みつばちプロジェクトと留学生・留学生サポーターによる交流会「Honey Cooking Party」を八王子松風舎にて行いました。みつばちプロジェクトから10名、合計で20名ほどが参加しました。
 
今年の八王子祭模擬店でも販売した“パンケーキ”をホットプレートで焼き、その上に2017年夏と2018年夏に収穫した2種の蜂蜜をかけたり、ヨーグルトに蜂蜜をかけてみたり、蜂蜜を使った料理を楽しみました。
 
参加したみつばちプロジェクトのメンバーは「留学生の方と話す機会が今までなかったので、話すことができて楽しかったです。」「みつプロに興味をもってもらったり、お互いの故郷や学校生活の話をすることができる良い機会になりました。」と話していました。 

みつばちプロジェクトが「学生農業未来会議」に参加しました

11月3日(土)、工学院大学みつばちプロジェクトが「学生農業未来会議」に参加しました。「学生農業未来会議」は東京丸の内で行われた農林水産省主催「Japan Harvest 2018」の1日目の夜、毎年食や農林漁業に関心がある大学生が全国各地から農水省講堂に集い、食事をしながら『明日の日本の第一次産業について熱く語り合おう!』という懇親会です。
みつばちプロジェクトは来年度以降の「Japan Harvest」出展を検討していることもあり、メンバー3名が参加することとなりました。
 
参加者には農学や地域学など、工学院大学にはない学部に所属する学生が多く、参加したメンバーは「他大学の学生との会話を通じ、学内ではできない貴重なお話や経験をすることができた」と話していました。今回得られた経験・情報は、畜産に類される“養蜂”を工科系大学生として展開していくことに活かしていきたいと思います。

八王子キャンパスで蜂蜜試食会を実施

10月17日、八王子キャンパスにてみつばちプロジェクトが、自分たちで採蜜した蜂蜜の試食会を実施しました。30分間という短い時間でしたが、学生を中心に60名以上の方が試食し、大盛況でした。
収穫した蜂蜜の色や味は季節ごとに異なり、集まった方々は食べ比べを楽しんでいました。蜂蜜を口に入れると顔をほころばせ、「おいしい」「食べやすい」などと話していました。プロジェクトの学生は少しでも興味を持ってもらえるよう、季節ごとの味の特徴などを熱心に説明していました。また、今後に活かすため、味の感想を試食した方々に聞いていました。プロジェクトの学生は、「今年は1年生がたくさんプロジェクトに入ってくれたから、試食会が実現した」とうれしそうに話していました。

採蜜を行いました

8月2日、学生プロジェクトのみつばちプロジェクトが、八王子キャンパスで今期2回目となる採蜜活動を行いました。
みつばち達の頑張りのおかげで、8リットルを超える量を収穫し、この時期としては充分な採蜜量となりました。今後、巣箱のダニ対策など越夏の準備を進めていきます。

みつばちプロジェクトのはちみつ KUTE Honey

これまで新宿・八王子での文化祭でのみ販売してきた蜂蜜を初めて店頭販売。『工学院大学はちみつ』を広める大きな一歩です。

# 学生プロジェクト