• Home
  • KRP(工学院大学ロボットプロジェクト)
KRP(工学院大学ロボットプロジェクト)

プロジェクト概要

KPPは「NHK学生ロボコン」優勝を目標に活動している学生プロジェクトです。メンバーは機構部門と制御部門のセクションに分かれ、ロボットの設計やプログラミングといったロボット製作のすべてを学生自身で行います。実際にモノづくりを体験することで、実戦的な経験を積むことができます。

顧問 見崎 大悟
学生代表(主将・部長) 神山 裕太
部員数 28名
プロジェクトHP http://www.ns.kogakuin.ac.jp/~wwa1081/

フォトギャラリー

年間スケジュール

  • 4月 NHK学生ロボコン(第2次ビデオ審査)、新入生の勧誘
  • 5月 NHK学生ロボコン(大会本番)、新入生の勧誘
  • 6月 F^3RC大会(作戦会議)
  • 7月 F^3RC大会(作戦会議)
  • 8月 F^3RC大会(ロボット製作)
  • 9月 F^3RC大会(大会本番)
  • 10月 NHK学生ロボコン(作戦会議・書類作成)
  • 11月 NHK学生ロボコン(書類作成・ロボット製作)
  • 12月 NHK学生ロボコン(ロボット製作)
  • 1月 NHK学生ロボコン(第1次ビデオ審査)
  • 2月 NHK学生ロボコン(ロボット製作)
  • 3月 NHK学生ロボコン(ロボット製作)

主な戦歴

2000年 工学院大学ロボットプロジェクト(KRP)発足
2002年 NHK大学ロボコン出場
【競技課題:富士山頂を目指せ!】
2003年 NHK大学ロボコン出場
【競技課題:タクローの覇者】
◆技術賞/特別賞 Panasonic受賞
2005年 NHK大学ロボコン出場
【競技課題:万里の長城を照らせ!】
2006年 NHK大学ロボコン出場
【競技課題:ツインタワー・ビルダー】
◆デザイン賞受賞
 
2008年 NHK大学ロボコン出場
【競技課題:ゴヴィンダ】
2009年 NHK大学ロボコン出場
【競技課題:旅は道連れ 勝利の太鼓を打て】
2010年 NHK大学ロボコン出場
【競技課題:ロボ・ファラオ ピラミッドを築け】
2011年 NHK大学ロボコン出場
【競技課題:ロイ・クラトンの火をともせ!】
2012年 NHK大学ロボコン出場
【競技課題:平安大吉(ペンオンタイガ)】
2013年 NHK大学ロボコン出場
【競技課題:THE GREEN PLANET】
2014年 NHK大学ロボコン出場
【競技課題:A SALUTE TO PARENTHOOD】
2015年 NHK大学ロボコン出場
【競技課題:ROBOMINTO:BADMINTON ROBO-GAME】
2016年 NHK大学ロボコン出場
【競技課題:Clean Energy Recharging the World】
2017年 NHK大学ロボコン出場
【競技課題:The Landing Disc】
◆デザイン賞受賞
 
 

KRPが“Discovery Hackathon 2019”に参加

KRPが今年初めて開催された“Discovery Hackathon 2019”に参加しました。参加条件は大学生ということで、工学院大からはKRPメンバー4名と見崎研の4名が参加しました。
今回のハッカソンのテーマ「足りてるモノを 足りないトコへ」を実現するサービスやプロダクトの開発を行う3日間のイベントでした。

特集サイトで全文を読む

「NHK学生ロボコン2019」第1次ビデオ審査通過!

数々の大学や高専が出場し、しのぎを削る大会。NHK学生ロボコン。
大学では東大や東工大、高専では長岡高専をはじめとする強豪校が例年出場しており、毎年白熱した戦いが行われています。
 

特集サイトで全文を読む

  • 2017年度「NHK学生ロボコン」出場時の様子

「NHK学生ロボコン2019」書類審査通過!

工学院大学ロボットプロジェクト(以下、KRP)は、2019年5月に開催される「NHK学生ロボコン2019」へ出場するための審査の一つである書類審査に見事合格いたしました。

特集サイトで全文を読む

KRPが「F^3RC 2018大会」に出場しました

9月16日に新宿キャンパス1階アトリウムを会場に開催された「F^3RC 2018(Freshman’s Robot Contest)大会」にKRPが出場しました。

特集サイトで全文を読む

ロボットプロジェクト(KRP)がF^3RCに出場します

2018年9月16日に、工学院大学新宿キャンパスの1階アトリウムで開催予定のF3RC(エフキューブ アール シー)に、工学院大学ロボットプロジェクト(KRP)が出場します。

特集サイトで全文を読む

学生プロジェクトによる企画説明会を実施しました

4月26日、八王子キャンパスで学生プロジェクトの各団体による企画説明会を実施しました。
説明会では、9つあるプロジェクトの代表学生が登壇し、2017年度の活動報告や2018年度の活動計画、予算申請などについて説明・プレゼンを行いました。加えて、新たに2件のプロジェクト審査が行われました。
工学院大学では、学生グループによる理工学に関する創造活動を活性化することにより、学生の創造性を育成し、人間としての成長を促進させることを目的として「学生プロジェクト」を募集し、学生の創造活動を支援しています。
本日の企画説明会の発表内容が、今年度の予算編成に影響することもあり、各プロジェクトは事前に入念な準備を行いプレゼンに望みました。時には厳しい質問が投げかけられる場面もありましたが、緊張しながらも真剣に受け答えする学生たちの姿が印象に残りました。

学生プロジェクトに 夢中な私たち。

工科系分野の専門家を数多く送り出してきた工学院大学では、ものづくりにかかわる様々な学生プロジェクトがあります。
プロジェクトでは、校内で男子に比べて人数の少ない女子学生も、チームに欠かせない存在として活躍をしています。
そんなプロジェクトに打ち込む女子学生のリアルな姿を知るために、今回は「工学院大学ロボットプロジェクト(KRP)」「工学院大学ソーラーチーム」「Birdman Project Wendy」の 3 チームが集まっての座談会を開催。プロジェクトへの想いや活動の様子、チームのあるある話など、思う存分お喋りしてもらいました。
 

学園広報サイト「窓」で全文を読む

「NHK学生ロボコン2018」出場に向け、第1次ビデオ審査を通過

KRPは、6月10日に大田区総合体育館で開催予定の「NHK学生ロボコン」に11年連続での出場を目指し、準備を着々と進めています。
 今年の競技テーマは「ネムコン “シャトルコック・スローイング”」。
世界大会が開催されるベトナム北部に伝わる伝統行事「ネムコン(シャトルコック・スローイング)」からコンセプトを得ています。「ネムコン」とは五穀豊穣を願い、高さ15 mにあるリングをめがけ、シャトルコックを投げる行事です。シャトルコックは、米のもみ殻や綿をつめたもので、虹を表すカラフルな布で装飾を施してあります。特徴はシャトルコックについたひもの端を持ち、何度も振って投げ飛ばします。この「ネムコン」にロボットが挑みます。
 

特集サイトで全文を読む

ホームカミングデーを開催しました

10月28日(土)、新宿キャンパスを会場にホームカミングデーを開催しました。
13時から始まった歓迎式典では、後藤 治理事長より歓迎のご挨拶と創立130周年記念事業募金のご報告および御礼がなされました。続いて、佐藤光史学長より、学生プロジェクトの活躍等についてのご報告とご挨拶が行われました。
その後、学生プロジェクトを代表して10/8~15にオーストラリアで開催された世界最大級のソーラーカーレース(「2017ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ」)に参戦し、豪大陸3,021kmを完走したソーラーチーム、7年ぶり5度目となる「鳥人間コンテスト」に出場を果たしたBirdman Project Wendy、NHK大学ロボコン本戦に10年連続で出場を果たしたKRP(Kogakuin Robot Project)の3団体による発表が行われました。
KRPの発表では、実際に競技用ロボットを用いて2017年度に開催されたロボコンの出場課題を披露し、会場を沸かせました。
引き続き行われた懇親会では、校友会主催の地酒BARやまぐろの解体ショーなどの催しが行われ、また、多数の卒業生の方々にご参加いただきました。懐かしい恩師や学友との久しぶりの再会に盛り上がり、終始和やかな雰囲気に包まれ賑わっていました。
ご来場いただきました皆さま、ありがとうございました。

工学院大学ロボットプロジェクトがNHK学生ロボコン2017で大健闘

6月11日(日)、大田区総合体育館(東京都)を会場に「NHK学生ロボコン2017~ABUアジア・太平洋ロボコン代表選考会~」が開催され、全国から24のチームが出場しました。工学院大学ロボットプロジェクト(以下、KRP)は、事前の選考を通過し、10年連続で本戦への出場を果たしました。

特集サイトで全文を読む

# テクノロジー