建築学専攻生が日本建築学会 学術講演会(構造部門)で若手優秀発表賞を受賞

2022/03/25

2021年9月に開催された2021年度日本建築学会大会(東海)学術講演会における構造部門(シェル・空間構造)の研究発表にて、建築学専攻の緒方宏征さん(山下研究室・山下哲郎教授)が若手優秀発表賞を受賞しました。

この賞は、空間構造の耐震設計に関連する2セッションで発表した者の中から、30歳以下の若手1名に授与される賞です。受賞研究は、大型体育館において、鉄骨屋根を支える支承部周辺の鉄骨トラスの部材に座屈が生じる原因を地震応答解析で説明しています。

建築学専攻
トップへ