• Home
  • 2022年度のお知らせ
  • 淺野裕俊准教授(コンピュータ科学科)が、オンラインコミュニケーションツールを比較した共同研究成果を発表

淺野裕俊准教授(コンピュータ科学科)が、オンラインコミュニケーションツールを比較した共同研究成果を発表

2022/04/12

東京都市大学、TIS株式会社、岡山理科大学、工学院大学は、「オンラインでのコミュニケーションで自己開示を促すにはVRアバターを用いることが効果的であること」を明らかにしました。この研究に、本学からは淺野 裕俊准教授(コンピュータ科学科)が参加しています。

新型コロナウイルス感染症の影響により、教育や仕事などのさまざまな場面において、オンラインでのコミュニケーションが一般化しつつあります。これに伴い、人間関係の構築と維持に重要とされる自己開示を促す「コミュニケーションツール」の発展にも大きな期待が寄せられています。今回行った検証は、男女54ペア(108人)のユーザーを対象に「ビデオチャット」、「外見がユーザーと類似しているVRアバター」、「外見がユーザーと類似していないVRアバター」の3種類における自己開示と互恵性を比較したもので、「外見がユーザーと類似していないVRアバター」を用いた方がより自己開示において効果的であるとの結論が得られました。

今後は、本研究成果の発信を通じ、カウンセリングや1on1ミーティング、マッチングなど新たなVRソーシャルアプリケーションの設計に役立つことを期待しています。

【プレスリリース】オンラインコミュニケーションツールを比較し、自己開示の効果を検証 —VR アバターはビデオチャットよりも素の自分をさらけ出す。— [950KB]

取材に関するお問い合わせ 学校法人 工学院大学 広報課
担当:堀口・廣田・森川
E-mail: gakuen_koho@sc.kogakuin.ac.jp
TEL: 03-3340-1498
トップへ