• Home
  • 2015年度のお知らせ
  • 冨永祥子准教授(建築デザイン学科)が2015年日本建築学会賞(作品)を受賞しました

冨永祥子准教授(建築デザイン学科)が2015年日本建築学会賞(作品)を受賞しました

2015/04/22

本学八王子キャンパスの弓道場・ボクシング場を設計監理した冨永祥子准教授(建築デザイン学科・福島加津也+冨永祥子建築設計事務所)が、2015年日本建築学会賞(作品)を受賞しました。

この賞は、近年国内に竣工した建築作品のうち、社会的・文化的見地からも極めて高い水準が認められる独創的なもの・新たな建築の可能性を示唆するもので、時代を画すると目される優れた作品に授与される賞で、例年2作品が選ばれています。
「木の構築 八王子キャンパス弓道場・ボクシング場」は2013年に竣工した木造建築で、徹底した架構への追及により、日本の伝統木造における水平垂直の構成を現代建築に昇華させた点が高く評価されました。
  • 撮影:小川重雄
受賞コメント
125周年記念事業というタイミングにめぐり合わせた幸運はもちろんのこと、学内の先生方や事務方の皆様の多岐に渡るサポートなしでは、このような素晴らしい結果にはつながらなかったと痛感しております。あらためて皆様にお礼申し上げます。
日本建築学会
一般社団法人日本建築学会は、会員相互の協力によって、建築に関する学術・技術・芸術の進歩発達をはかることを目的とする学術団体です。1886年(明治19年)に創立されて以来今日にいたるまで、わが国建築界においてつねに主導的な役割を果たしてきました。
現在、会員は3万5千名余にのぼり、会員の所属は研究教育機関、総合建設業、設計事務所をはじめ、官公庁、公社公団、建築材料・機器メーカー、コンサルタント、学生など多岐にわたっています。
日本建築学会ホームページ
冨永研究室
建築デザイン学科
建築学部
建築学部の活動・実績