先進工学部生命化学科シンポジウムが開催されました

2015/04/30

4月25日(土)、この春、新たに設立された先進工学部 生命化学科(学科長:南雲紳史教授)では、キックオフシンポジウムとして「第1回先進工学部生命化学科シンポジウム」を開催しました。
  • 大野 修先生(医薬化学研究室 准教授)
    海洋生物からの新物質探索研究—構造解明と機能解明の2種類の謎解きへの取り組み—
  • 油井 信弘先生(生物資源化学研究室 助教)
    光合成微生物がつくる炭素数40の化合物(カロテノイド)の魅力と代謝制御への挑戦
  • 坂口 政吉先生(生物医化学研究室 講師)
    GH15ファミリー酵素の多様性—古細菌トレハラーゼの同定とその機能—
  • 安井 英子先生(有機合成化学研究室 准教授)
    工学院大学へ来て5年間の成果そして今後の展開
  • 辛 英哲先生(生体機能化学研究室 准教授)
    ヘビ毒由来タンパク質を用いた細胞の機能制御
  • 南雲 紳史先生(有機合成化学研究室 教授)
    私が大切にしてきたカチオンケミストリー

会場では、学内および学外の先生方、研究室配属学生や在校生が熱心に発表に耳を傾けていました。また、発表後には学生食堂にて懇親会が開催され、ディスカッションが続きました。参加者数は、学内(他学科を含む)が116名、化学系同窓会が9名、学外(大学関係・企業関係)が12名でした。
生命化学科
先進工学部
先進工学部の活動・実績