• Home
  • 2019年度のお知らせ
  • 竹川高志准教授(システム数理学科)が参加した研究が、英国の専門誌「Nature Communications」に掲載

竹川高志准教授(システム数理学科)が参加した研究が、英国の専門誌「Nature Communications」に掲載

2019/06/17

竹川高志准教授(システム数理学科)が参加した研究「Orchestrated ensemble activities constitute a hippocampal memory engram」が、6/14、英国の科学専門誌「Nature Communications」のオンライン版に掲載されました。

この研究は、JST戦略的創造研究推進事業 (CREST) の一つとして、富山大学を中心に進められました。研究内容は、自由行動下のマウスの脳内で、記憶を獲得した神経細胞集団に特有の活動を光で測定する技術を開発し、新しい出来事を経験した記憶が脳内で保持される様子と記憶が定着する様子を観察したものです。日々の生活で経験する記憶について脳内の神経細胞がどのように活動して、経験に応じた記憶として定着するのかを明らかにしました。記憶の科学的かつ本質的な理解に貢献するものであり、効率の良い記憶学習法や、アルツハイマー型認知症などの記憶障害の早期診断法への応用につながることが期待されます。

竹川准教授は、本研究において膨大な実験データから細胞の活動を正確に抽出する動画解析技術の開発を担当しました。開発した解析システムは、従来のシステムに比べノイズに強く高速に安定した結果を出力するため、今後光計測実験を用いた研究に広く利用されることが期待されます。
掲載論文「Orchestrated ensemble activities constitute a hippocampal memory engram」|nature communications
「経験を記憶する新たな神経細胞集団を発見 ~睡眠中に記憶が定着する様子の観察にも成功~」|国立研究開発法人 科学技術振興機構
Automatic sorting system for large calcium imaging data|bioRxiv
 
数理解析研究室
システム数理学科
情報学部
情報学部の活動・実績