情報デザイン学科生が日本音響学会で学生優秀発表賞を受賞

2022/07/21

2022年3月9~11日にオンラインで開催された日本音響学会 春季研究発表会において、情報学部情報デザイン学科4年(2022年3月当時)の山本竣平さん(音響デザイン研究室・高橋義典准教授)が学生優秀発表賞を受賞しました。山本さんは2022年3月に卒業し、現在はNTTデータCCSに勤めております。

山本さんは、博物館などに所蔵されている古い管楽器を復元して、古の音を聴けるようにすることを目的として、3Dプリンタを用いた管楽器の復元とその音質評価に取り組んでまいりました。本研究では、200年ぐらい前に作られた本物のクラシカルオーボエのX線CT撮影を行い、3Dプリンタによる復元を実施しました。さらに、本物と復元した楽器の音色の試聴評価を行うことで、音色による差がほとんどない復元楽器が作れることが明らかになりました。

授賞式は9月15日の日本音響学会秋季研究発表会にて開催予定です。

受賞コメント
この度は大変名誉な賞を受賞することができ、嬉しく思います。
指導教官の高橋先生、楽器を提供してくださった三宮先生、音響デザイン研究室員を始めとする実験協力者全ての方に深く感謝いたします。ありがとうございました。
付加製造法による古楽器の復元について、さらに研究が進むことを願っております。
日本音響学会 学生優秀発表賞 受賞者リスト
情報デザイン学科
トップへ