情報デザイン学科

INDEX

  1. 情報デザイン学科の特徴
  2. カリキュラム
  3. 情報デザイン学科の研究室
  4. 卒業後の進路

情報デザイン学科の特徴

コンテンツの力で人とコンピュータの調和を実現

情報デザイン学科は、柱としてコンテンツ設計、人間情報、知識情報の3分野を掲げ、デジタルコンテンツ作成技術を理解し、人の行動を正しく分析でき、情報の効率的・効果的な利用法を的確にデザイン・開発できる技術者の育成をめざしています。豊かなコミュニケーション能力とともに数学的な基礎学力と柔軟な思考力を持ち、学科の掲げる柱を構成する分野に興味と熱意を持って、知識と技術の修得に意欲的に取り組める学生を求めます。
情報デザイン学科の学びを通して

  1. 生活に役立つ情報サービスの設計を学び「人とコンピュータの調和」を実現
  2. 科学的な根拠に基づき、情報をデザインする方法を修得する
  3. 情報を創る・使う・伝えるをマスターし情報技術と人のかかわりを学ぶ
4年後、こんなあなたに成長できる

  1. 人と情報をつなぐかけ橋となり豊かなくらしをサポートする
  2. 人間の認知的側面を理解しデジタルコンテンツに応用できる
  3. ICT(情報通信技術)分野、福祉分野など、幅広い業界で活躍できる
  • 八王子キャンパス(1・2年次) 新宿キャンパス(3・4年次)※4年次は所属する研究室によってキャンパスが異なります。
  • 入学定員:70名

カリキュラム



学生便覧
カリキュラム詳細はこちらよりご確認ください。

1〜2(前期)年次:情報を自在に扱うための基礎となる知識を徹底的に修得

1年次から2年次第2クォーターまでは、学部共通のカリキュラムを設置。1年を4期に分けるクォーター制を生かして、3か月単位の短い学修サイクルで確実に理解するまで学び、一人ひとりの学力に合わせた進度で今後の専門分野への土台となる情報の基礎を完全に身につけます。

2(後期)〜3年次:人にやさしい情報社会を実現する人間情報・知識情報・コンテンツ設計を学ぶ

多くの実験を通して、社会で応用可能な実践力を養います。また、問題解決型学習の「PBL」では少人数グループで課題に取り組み、4年次の卒業研究に向けた専門知識やプレゼンテーション力を身につけます。

4年次:先端的な研究テーマを設定、追究し卒業論文をまとめる

卒業論文では、自分が興味を持つ研究テーマと課題を選定し、それを解決していきます。このような研究を論文にまとめあげる過程で得た経験は、卒業後の社会のさまざまな局面で生かされます。

情報デザイン学科の研究室

4年間の集大成となる卒業研究では学科のいずれかの研究室に所属し、学生自身が選んだ研究テーマに取り組みます。誰も見たことのない未来へ続く知の冒険へ、あなたも一緒にチャレンジしましょう。

卒業後の進路

主な就職先(2019年3月卒業生)

(株)アイネス、(株)アルファシステムズ、伊藤忠テクノソリューションズ(株)、岩崎電気(株)、(株)インターネットイニシアティブ、ANAシステムズ(株)、NECソリューションイノベータ(株)、NECネッツエスアイ(株)、(株)NSD、NTTアドバンステクノロジ(株)、NTTコムウェア(株)、(株)エヌ・ティ・ティ・データ、(株)大塚商会、カゴメ(株)、京セラコミュニケーションシステム(株)、クラリオン(株)、(株)クレスコ、(株)KDDIエボルバ、(株)JVCケンウッド、(株)JALインフォテック、綜合警備保障(株)、ソフトバンク(株)、ソフトバンク・テクノロジー(株)、第一生命情報システム(株)、大日本印刷(株)、(株)DTS、東芝テック(株)、凸版印刷(株)、日本システムウエア(株)、ニフティ(株)、パナソニックシステムソリューションズジャパン(株)、(株)日立製作所、富士ソフト(株)、富士通(株)、富士通エフ・アイ・ピー・システムズ(株)、(株)富士通ゼネラル、富士通フロンテック(株)、(株)三越伊勢丹システム・ソリューションズ、三菱電機インフォメーションシステムズ(株)、ヤフー(株)
【公務員】川崎市役所、千葉県教員、行方市役所
  • 業種別就職割合 (2019年3月卒業生)
就職実績
過去3ヵ年の主な就職先はこちら

情報学部