• Home
  • 2017年度のお知らせ
  • 化学応用学専攻 田畑絵理さんの研究論文が International Journal of Molecular Sciencesに掲載されました

化学応用学専攻 田畑絵理さんの研究論文が International Journal of Molecular Sciencesに掲載されました

2018/03/07

本学大学院博士前期課程2年田畑絵理さんの研究成果が、国際学術雑誌 International Journal of Molecular Sciences(注に公開されました。

英文論文タイトル: 
Acidic chitinase-chitin complex is dissociated in a competitive manner by acetic acid: purification of natural enzyme for supplementation purposes.

日本語論文タイトル: 
酸性キチナーゼ-キチンの複合体は,酢酸により,競合的に解離する:補充目的のための天然酵素の精製

Open Access なので、論文は以下より自由に閲覧・ダウンロードできます。
International Journal of Molecular Sciences 論文掲載
 日本語での研究概要は生命化学科オリジナルホームページをご覧ください。
生命化学科ホームページ
本研究は、食糧に関わる以下の研究の4報目の報告です。
【ニュース】[2018/1/24掲載]化学応用学専攻修士2年田畑絵理さんの食糧に関わる基礎研究の論文が国際学術雑誌 Scientific Reports に掲載されました
【ニュース】[2017/10/11掲載]化学応用学専攻修士2年田畑絵理さんの食糧に関わる基礎研究の論文が国際学術雑誌 Scientific Reports に掲載されました
【ニュース】[2017/7/28掲載]大学院博士前期課程2年田畑絵理さんの食糧に関わる基礎研究の論文が国際学術雑誌 Scientific Reports に掲載されました
この研究は、指導教員の生命化学科 小山文隆教授の日本私立学校振興・共済事業団 平成29年度学術研究振興資金注2)と日本学術振興会科学研究費補助金(科研費)基盤研究(C)に採択された研究課題の成果でもあります。

注:International Journal of Molecular Sciences とは

生物、化学、医学の領域を対象とした国際学術雑誌で、MDPI 社より出版されています。Thomson Reuters 2016年度の impact factor は 3.226です。
生命化学科 生物医化学研究室 ホームページ
生命化学科オリジナルホームページ