行動計画

教職員が仕事と子育てを両立させることができ、働きやすい環境を作ることによって、すべての教職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のような行動計画を策定する。
 
  1. 計画期間 2018年10月1日~2023年9月30日
  2. 内容
目標1:育児休業を取得しやすく、職場復帰しやすい環境の整備として、育児休業に関する規程の整備、労働者の育児休業中における待遇及び育児休業後の労働条件に関する事項についての周知を行う

〈対策〉
  • 規程および制度について、学内電子掲示板を用いて教職員に情報提供を行う。
目標2:在宅勤務やテレワーク等の場所にとらわれない働き方の導入を検討する

〈対策〉
  • 2019年5月~ 在宅勤務等の柔軟な働き方を導入するにあたって、現状の課題を把握する。
  • 2020年4月~ 現状の課題をふまえ、具体的な対応策について検討を行う。

コンプライアンス