『21世紀工手』育成募金

INDEX

  1. 理事長挨拶
  2. 支援の内容
  3. 募金募集概要
  4. 各種申込書

理事長挨拶

学校法人工学院大学のルーツである工手学校は、1887(明治20)年10月31日に創立されました。時の明治政府は、近代国家として欧米諸国に追いつくために、国づくり政策として富国強兵を掲げ、農業立国から工業立国への脱皮を急いでいました。国が工業化してその目的を果たすには、専門的知識を身に付けた現場に携わる技術者が不可欠でしたが、その不足が大きな障害となっていました。そのため創立者渡邉洪基と14人の発起人により、工手学校が設立されたのです。「工手」は、その時に必要な技術者を表すための、渡邉らによる造語です。
 
本学は、2017(平成29)年10月31日に創立130周年を迎えました。それを機に、創立150周年に向けた長期目標「VISION150」を改正し、新たな中期計画「コンパス2023」を策定しました。新たな中期計画では、先人たちが連綿として築き上げてきた建学の精神を受け継ぎ、グローバル社会の第一線で活躍できる理工系人材の育成、並びに、先端領域で創造能力を発揮する高度な技術者・研究者の育成、を改めて掲げています。本学は、創設以来、多くの優秀な技術者を送り出してきましたが、新たに掲げた育成すべき人材の姿は、この21世紀という時代にふさわしい現代の「工手」=”21世紀工手” といえるのではないでしょうか。

そのため、本学では、理想とする『21世紀工手』の育成をする一助とするべく、募金活動を開始することといたしました。関係者の皆さまには、なにとぞ、活動の趣旨にご賛同いただき、ご支援を賜りますよう心からお願い申し上げます。


2018年4月
学校法人工学院大学
理事長 後藤 治
  • 学校法人工学院大学 理事長 後藤 治

支援の内容

『21世紀工手』を目指す学生・生徒に、創造力・応用力・発想力等の各種の力を高めてもらうため、本募金は「学生・生徒の自主・創造活動支援」、「教育・研究環境の整備」、「奨学・奨励・支援」の3つの事業に役立てます。

学生・生徒の自主・創造活動支援事業

  • 学生プロジェクト(ソーラーカー2019年世界大会、他)
  • 地域貢献プロジェクト(八王子:水利用プロジェクト、新宿:地域防災活動等)
  • 工学院大学ソーラーチーム 世界最大級のソーラーカーレース 「2017ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ」に参戦

  • 工学院大学みつばちプロジェクト

教育・研究環境の整備事業

  • フラグシップにつながる寄付講座の開設
  • 安全教育・研修の充実
  • ダイバーシティに配慮した施設・設備の整備充実
  • 附属中学・高等学校におけるICT教育環境の整備

奨学・奨励・支援事業

  • 「給付型奨学金制度」の設置(ハイブリッド留学、海外インターンシップ等対象)
  • 大学院生の教育支援
  • 「女性躍進賞」の充実
  • 開発途上国留学生支援の充実
  • 附属中学・高校生の海外研修奨学
  • 就学継続支援
  • イギリス ハイブリッド留学

  • 附属中高 海外語学研修

募金募集概要

1. 募金目標額

3億円

2. 寄付金額

金額は特に定めておりません。

3. 募金期間

2018年4月~2023年3月

4. 募金対象者

個人、法人・団体、その他賛同いただける皆さま

5. 申し込み・払込方法

銀行振込の場合 専用払込(振込)用紙に必要事項をご記入いただき、金融機関の窓口でお手続きください。
専用払込(振込)用紙は、新宿キャンパス総務課にお申し付けください。
※みずほ銀行、三菱UFJ銀行:専用払込用紙でお手続きされる場合、手数料は不要です。
現金の場合 新宿キャンパス総務課にて承ります。
クレジットカード、
インターネットバンキング、
コンビニエンスストアの場合
本ページからお申し込みください。

6. 払込(振込)先

学校法人工学院大学募金口

7. 寄付者の顕彰

ご寄付に感謝し、学園の歴史に末永く留めさせていただきます。
 
  1. 芳名録への記録
    ご寄付いただいた方のご芳名(氏名・企業名・団体名)を芳名録に録させていただき、その名を顕彰いたします。
    5万円以上のご寄付:新宿キャンパス・八王子キャンパス内の映像パネルにご芳名を投影し、その名を顕彰いたします。
  2. 学園広報誌・ホームページへの掲載
    ご寄付いただいた方のご芳名を学園広報誌・ホームページに掲載させていただきます。

8. 税制上の優遇措置

本学園は、文部科学省から「特定公益増進法人」として認可されています。学校法人などに寄付された場合、個人、法人に関わらず、税制上の優遇措置を受けることができます。
後日、本学から「寄付金受領書」と「特定公益増進法人であることの証明書」(写)、「税額控除に係る証明書」(写)をお送りいたします。寄付金振込時の「領収書」は、本学からの「寄付金受領書」がお手元に届くまで、大切に保管してください。

<個人の場合>
所得税控除 「税額控除」または「所得控除」のいずれかの制度を選択することができます。
(1) 税額控除制度:[寄付金額(所得の40%が限度)-2千円]×40%を所得税額から控除
(2) 所得控除制度:寄付金額(所得の40%が限度)-2千円を所得から控除
住民税控除 学園への寄付金を控除対象寄付金として条例で指定している都道府県・市区町村にお住まいの方は、個人住民税の寄付金税額控除の適用を受けることができます。

<法人・団体の場合>
日本私立学校振興・共済事業団の「受配者指定寄付金」制度をご利用いただいた場合、全額を損金算入することができます。 
手続き完了後、後日お送りする日本私立学校振興・共済事業団発行の「寄付金受領書」をもって損金算入の手続きをしてください。
また、上記によらず「特定公益増進法人に対する寄付金」として寄付される場合は、(資本金等の額×0.375%+当該年所得×6.25%)×1/2の額を損金算入することができます。
後日、本学から「寄付金受領書」と「税額控除に係る証明書」(写)をお送りいたしますので手続きをしてください。

9. 学校法人工学院大学「賛助員」

本学園に対して、多額の寄付をされ、教育研究事業の充実に貢献をされた方(個人)に対して、次の称号を贈与します。
  • 名誉賛助員 寄付累計額 五百万円以上
  • 賛助員 寄付累計額 百万円以上
名誉賛助員及び賛助員には、感謝状を贈呈し、称号贈与者名簿を整備するとともに、芳名を校史に記録し、その功績を永年にわたって記念します。

個人情報の取り扱い

個人情報は、「個人情報の保護に関する規程」に基づき、責任をもって管理します。

 
※ご不明な点がございましたら、下記問い合わせ先までご連絡ください。

各種申込書

個人用 申込書(Word) [34.1KB]
法人・団体用 申込書(Word) [31.3KB]
私学事業団用 申込書(Excel) [26.2KB]
インターネットによるお申込

問い合わせ

学校法人工学院大学 総務・人事部 総務課
E-mail :donation@sc.kogakuin.ac.jp
TEL :03-3340-0121

募金について