大学院での活動支援制度

多彩な教授陣と、きめ細かい指導

本大学院では、各学部各学科の学びを基礎とした6つの専攻において、それぞれの専攻での必須分野をカバーする多彩な教授陣が、豊富な経験を生かし、授業科目を通して高度な教育を行うとともに、複数指導教員制度により学習面でも研究面でもきめ細かい指導を行っています。
教員情報検索はこちら

社会に開かれた大学院

広い分野から多様な学生を受け入れることをめざし、本学の学部出身者と共に、他大学の学生、社会人、留学生も歓迎しています。特に優秀な学生の飛び級入学制度ならびに短期修了制度も設定しており、社会人の入学については、一般入試とは別に社会人を対象とした社会人特別選抜を実施。社会人が在職したまま大学院で学べるシステムを整備しています。具体的には、隔年で昼夜交互に講義を行う昼夜開講制(修士課程)、入学時期が4月と10月の年2回ある年間2学期制(セメスター制)などです。本学卒業後、しばらく経って社会人として本大学院に入学するケースも増えています。

研究活動への支援

本大学院では、大学院生の研究発表を奨励する目的で、研究発表を支援するための制度が充実しています。外国で開催される国際学会において大学院生が研究論文を発表する場合は、TOEIC®のスコアに応じた交通費(エコノミークラスの往復航空運賃)を補助し、国内の発表でも交通費・参加登録費・宿泊費を補助しています。この支援を受けて、毎年多くの大学院生が学会発表を行っています。また、国際学会で発表するための語学力を養うために「PresentingTechnologicalResearchinEnglish」など、ネイティブスピーカーによる授業科目を設け、英語によるプレゼンテーションやディスカッション能力の育成も行っています。さらに大学院生が在学中に発表し、査読付き学会誌に掲載され、特に学術的に優秀と評価された論文を表彰する優秀論文表彰制度があります。受賞者は学位授与式で表彰状が授与され、副賞として5万円が贈呈されます。

2019年度国際学会参加補助データ

専攻名 申請者数
機械工学専攻 27
化学応用学専攻 23
電気・電子工学専攻 22
情報学専攻 7
建築学専攻 11
システムデザイン専攻 3
合計 93

国・地域 渡航者数
アメリカ 31
台湾 23
イタリア 6
ルーマニア 5
韓国 4
オーストリア 4
オーストラリア 4
南アフリカ 4
タイ 3
ポルトガル 2
スペイン 2
ギリシャ 1
オランダ 1
ニュージーランド 1
インドネシア 1
シンガポール 1

2019年度優秀論文受賞者一覧

氏名(しめい) 専攻 課程 指導教員 論文名および作品名
掲載論文誌名(巻、頁、年)他
丸山(まるやま) 侑太郎(ゆうたろう) 機械工学 修士
1年
長谷川 浩司 Evaporation and drying kinetics of water-NaCl droplets via acoustic levitation
RSC Advances(10巻,4号,1870-1877ページ,2020年1月 )
村岡(むらおか) (しゅん)(すけ) 機械工学 修士
2年
立野 昌義 Effect of interface edge angle on stress distribution near the interface edge of bonded dissimilar materials
Mechanical Engineering Journal Vol.6(2019)
No.3,Released(2019年6月15日)
木村(きむら) (まさ)(ひろ) 化学応用学 博士
3年
小山 文隆 Direct comparison of chitionolytic properties and determination of combinatory effects of mouse chitotriosidase and
acidic mammalian chitinase.
International Journal of Biological Macromolecules,134,882-890,2019.
田畑(たばた) 絵理(えり) 化学応用学 博士
2年
小山 文隆 Residues of acidic chitinase cause chitinolytic activity degrading chitosan in porcine pepsin preparations
Scienific Reports,9,15609
宇多津(うたつ) 裕貴(ひろき) 電気・電子工学 修士
2年
大塚 裕幸 Performance analysis of fiber-optic relaying with simultaneous transmission and reception on the same carrier frequency
電子情報通信学会 英文論文誌
EB102-B,NO.8,pp.1771-1780,2019年8月
角濱(かくはま) 文隆(ふみたか) 電気・電子工学 修士
2年
高木 亮 2編成を走行中にソフト連結状態へ移行させる方法に関する検討
電気学会論文誌D(140巻4号掲載予定)
高橋(たかはし) 宏季(ひろき) 情報学 修士
2年
位野木 万里 要求仕様書中のアクター名の定義漏れパターンと組織変更がもたらす影響-実案件分析と得られた教訓-
情報処理学会デジタルプラクティス42号掲載予定
新村(にいむら) 美月(みづき) 建築学 修士
2年
柳 宇 クール・ヒートピットにおけるマイクロバイオームの実態解明
日本建築学会環境系論文集 第85巻 第770号掲載予定
村松(むらまつ) (ひろし) 建築学 博士
3年
野部 達夫 躯体熱容量を活用する天井放射空調システムの運用手法に関する研究
日本建築学会環境系論文集,第84巻,第766号,
pp1095-1104,2019.12
2019年度の大学院学位論文一覧
過去の大学院学位論文一覧

低めに抑えた学費とTA制度、 大学院進学奨励学費減免制度

本大学院では、向学心ある人々に大学院での勉学の機会を広く提供するため、他の大学院と比べても低めに抑えた学費となっています。また、研究教育活動の一環としてTA(ティーチングアシスタント)制度を採用し、教育効果に反映する機会を提供するとともに、在学中の経済的負担の軽減をはかっています。これは大学院生が学部の授業担当教員の指示に従い授業の補助を行うもので、担当すると所定の給与が支給されます。担当時間は、本来の学修に支障がないように一人通年で4コマまで可能です。さらに、大学院進学奨励学費減免制度を設け、修士および博士後期課程在籍時の年間授業料の半額が減免となり、優秀な学生に対して大学院への進学を奨励しています。

2019年度

専攻名 機械工学
専攻
化学応用学
専攻
電気・
電子工学
専攻
情報学専攻 建築学専攻 システム
デザイン
専攻
担当者数 88名 93名 59名 35名 58名 2名 335名

外国の大学との交流

毎年多くの大学院生が、支援を受けて海外で活発に学会発表しています。海外協定校との共催シンポジウム参加も奨励されており、交換留学制度もあります。グローバルに活躍する技術者・研究者をめざせる環境を整えています。

充実した研究環境

科学技術の本質を考えると、高度な技術者の育成にとっては、研究を抜きにした教育は考えられません。本大学院では、教授陣が日夜学生とともに多様な研究活動に取り組んでおり、最先端の研究に必要とされる高度な測定装置・機器などの研究設備も充実しています。
  • 高密度プラズマエッチング装置など

  • 大型加力実験室

  • 3D映像、音楽実験評価室、収録スタジオなど

大学院 工学研究科

専攻