建築計画分野 山下(てつろう)研究室

人口減少・少子高齢社会の地域と建築を創造しよう

指導教員:山下 てつろう 教授

これからの日本は、西暦2100年までに人口が半減すると予測され、高齢者の割合が大きくなり、子どもの割合は少なくなってきます。すでに、人口過疎地域では、消滅する集落も出てきています。もちろん、都市の姿も大きく変化します。そこで、人間が生活する社会で必要な、教育や医療、福祉などに対応した施設や環境の建築的計画のあり方を研究しています。大きな問題を抱える日本の将来の姿に対応した、教育や医療・福祉の環境をどのように計画していけば良いのか、難しい課題ですが、意義のある研究として取り組んでいます。


主な研究
テーマ
教育施設および教育環境の計画研究
医療施設および医療環境の計画研究
福祉施設および福祉環境の計画研究開発 など
キーワード 建築計画学研究

大学院 工学研究科

専攻