生物医化学研究室 生命工学研究室

応用化学のなかの生命工学(バイオテクノロジー)

指導教員:小山 文隆 教授

化学は人々を困らせる病気の理解と克服にも役立っています。本研究室ではゲノムの化学、動物性バイオマスの化学、タンパク質の化学をつかって脳の病気であるアルツハイマー病、パーキンソン病、ハンチントン病がどのようにして発症し、どうすれば治療ができるのかという問題に化学の方向から取り組んでいます。病気に関係するタンパク質をゲノムから、そして、治療に結びつく物質を動物性バイオマスから、それぞれ探し求め、それらの性質を化学的に調べる実験を行っています。この研究でヒトの命を守り、生活の質を向上させることをめざしています。


主な研究
テーマ
病気に関係する遺伝子
動物性バイオマス
タンパク質の構造と機能 など
キーワード 病気に関わる遺伝子 / タンパク質工学 / キチン・キトサン
研究室ホームページはこちら

関連する「持続可能な開発目標(SDGs)」

工学院大学は、最新の科学技術や産業技術の研究・活動に注力するとともに、持続可能な循環型社会づくりに向け、地球規模の視野を持ち世界をリードできる人材の育成をめざします。

大学院 工学研究科

専攻

トップへ