サイバーセキュリティ研究室

AIを駆使してサイバー攻撃から情報化社会の安全を守る

指導教員:小林 良太郎 教授

インターネット上ではウェブや検索といったさまざまなサービスが提供されており、情報化社会を支える重要な基盤技術となっています。本研究室では、インターネットに接続されたIoT機器、PC、サーバなどのコンピュータをサイバー攻撃から守るための研究をハードとソフトの両面から行います。研究では、最新のサイバー攻撃に対し、人工知能、ディープラーニング、AIチップ、仮想マシン、GPU、FPGA、RISC-Vなどを駆使した、新しい手法を開発します。このような活動を通じて、セキュリティに強い情報技術者として成長することをめざします。


主な研究
テーマ
AIによるDoS攻撃の検出
複数AIの協調による不正通信の検出
AIチップによるマルウェアの検出 など
キーワード サイバーセキュリティ / 人工知能 / IoT / ディープラーニング

大学院 工学研究科

専攻