ヒト+コンピュータで新たな「知」を創造する

指導教員:橘 完太 准教授

現在の日本では誰もが大量のデータを入手できるようになりました。人間と比べて桁違いの記憶容量と計算速度を持ち、休むことなく働き続けられるコンピュータは、膨大なデータから必要な情報を掘り起こし整理するために欠かせない道具です。一方、人間はさまざまな情報を集約し、刻一刻と変わる環境の変化へ柔軟に対応して個性豊かに創意工夫を行えます。人間とコンピュータ、それぞれの長所を生かした「知」のしくみをデザインできる、知能情報のプロを育てる研究室です。
 
 
主な研究
テーマ
見えないものを見せるデータマイニングと可視化
地球規模気象データや人体運動データなどの3次元アニメーション表示
キーワード ネットデータマイニング / 可視化 / 3次元アニメーション / 情報提示システム

情報学部の研究室