ミクロな磁性からビッグデータと高速モーターを創る

指導教員:赤城 文子 教授

磁石に代表される磁性体はエレクトロ二クス分野には欠くことのできない材料です。本研究室では、磁性体応用デバイスとして、磁気ディスク装置(HDD)の大容量化の検討と自動車用高速小型モーターに用いられる永久磁石の研究を行っています。HDDは電子の有するスピンの性質を用いることで超高記録密度化をめざしています。また、永久磁石はナノレベルの結晶粒の性質から小型モーターの性能を予測することを目的としています。いずれも大規模な計算機シミュレーションを用いており、その手法の研究も行っています。


主な研究
テーマ
ハードディスクの大容量化の研究
自動車用モーターの永久磁石の研究
計算機シミュレーション手法の研究 など
キーワード ハードディスク / 自動車用モーターの永久磁石 / 計算機シミュレーション
研究室ホームページはこちら

大学院 工学研究科

専攻