画像情報メディア研究室

コンピュータによる実世界の認識と理解をめざして

指導教員:陳 キュウ 教授

百聞は一見に如かず、人間が扱う情報の中でも特に視覚情報は、外環境を理解するための最も直感的で効果的な情報です。そのため、画像情報処理技術は、インタフェース、セキュリティ、ロボティクスなどさまざまな分野で利用されています。コンピュータで人間が行うような画像の認識や理解するための情報処理技術を研究しています。ディープラーニング(深層学習)を用いた画像認識をはじめ、画像検索、画像生成、映像検索などの研究も進めています。これらの研究成果は、より安全便利な情報化社会に向けてますます重要な役割を果たすと期待されています。


主な研究
テーマ
画像認識の研究
画像検索の研究
ビデオアノテーション など
キーワード パターン認識 / 画像検索 / 深層学習 / 画像生成 / 映像検索
研究室ホームページはこちら

大学院 工学研究科

専攻