高信頼ソフトウェア開発工学研究室

ソフトウェア開発の工業化手法により社会に貢献する

指導教員:位野木 万里 教授

今やソフトウェアは私たちの生活になくてはならない存在となり、大規模かつ複雑なソフトウェアを高品質かつ効率的に開発することが求められています。本研究室では、ベテラン技術者へのインタビューやドキュメント分析を通して、製品ソフトウェアを高品質かつ効率的に開発するノウハウの資産化とそれらの再利用手法や、開発自動化ツールを開発します。ソフトウェア開発の工業化への取り組みを通して、安心・安全な情報化社会の実現に貢献することをめざします。


主な研究
テーマ
ソフトウェア開発の暗黙知の形式知化
ソフトウェアプロダクトラインの実現
要求分析 / 設計 / 実装 / 検証自動化 など
キーワード ソフトウェア工学 / 要求工学 / 再利用技術

大学院 工学研究科

専攻