生物資源化学研究室

生物資源は社会の利益を生む「お宝」だ

指導教員:藤井 克彦 教授

微生物は、私たちにとって有用な物質を与え、今問題となっているさまざまな環境汚染物質を除去してくれる可能性をもっています。現在の生活環境を向上させるために微生物の利用は大変重要なことです。本研究室では、優れた生物機能をもつ微生物を探し求め、得られた微生物による有用物質(機能性食品や生理活性物質など)の大量生産および環境汚染物質の除去について研究しています。また、得られた研究成果の産業利用を積極的にすすめています。


主な研究
テーマ
バイオマス分解に寄与する微生物生態系
微生物を用いたバイオ燃料の生産
生理活性物質を生産する微細藻類 など
キーワード 微生物 / バイオマス / バイオ燃料 / 生理活性物質
研究室ホームページはこちら

大学院 工学研究科

専攻