エネルギーシステム工学研究室

CO2の排出を徹底的に抑えるエネルギーシステムを開発する

指導教員:赤松 憲樹 准教授

本研究室では、化石燃料に依存した現状のエネルギー問題と近年ますます深刻になる環境問題を同時に解決できる、持続可能な低炭素社会の構築をめざし、必要となる技術を開発しています。具体的には、低炭素社会実現に必要不可欠な水素分離シリカ膜の開発を行っています。また、メタンやメチルシクロヘキサンから高効率に水素を製造する膜反応器の開発を行っています。さらに、二酸化炭素を吸収するマイクロカプセルや、現状は利用できない廃熱を回収するマイクロカプセルの開発に取り組んでいます。


主な研究
テーマ
水素分離シリカ膜の開発
高純度水素製造用膜反応器の開発
二酸化炭素吸収マイクロカプセルの開発 など
キーワード エネルギーシステム / 膜工学 / 水素 / 二酸化炭素 / マイクロカプセル
研究室ホームページはこちら

大学院 工学研究科

専攻