脳に学んだ知的情報処理で生活を豊かに

指導教員:金丸 隆志 教授

人間は脳によって視覚・聴覚・運動などに関わるさまざまな情報処理を行っています。私達は脳に学んだ知的情報処理を探求するニューラルネットワークの研究を行っています。また、スマートフォンやタブレットの普及により、高速な情報処理デバイスを常に携帯できるようになりました。これを利用し私たちの生活をより豊かにできる機器の開発にも取り組んでいます。近年ではプロジェクタとセンサを用いた双方向的な教育支援システムや、タブレットを用いて制御する観光望遠鏡を開発しました。


主な研究
テーマ
脳に学んだ知的情報処理
スマートデバイスで生活を豊かに
双方向的な教育支援システム
キーワード ニューラルネットワーク / 画像認識 / スマートデバイス / 電子回路
研究室ホームページはこちら

関連する「持続可能な開発目標(SDGs)」

工学院大学は、最新の科学技術や産業技術の研究・活動に注力するとともに、持続可能な循環型社会づくりに向け、地球規模の視野を持ち世界をリードできる人材の育成をめざします。

大学院 工学研究科

専攻