昆虫のスゴいところを工学的に探り、社会に役立つマイクロロボットをつくる

指導教員:鈴木 健司 教授

情報、バイオ、医療などの分野を飛躍的に発展させるものとして、大きな期待を寄せられているマイクロロボットやマイクロマシン。こうした研究を、最先端のマイクロ加工設備を利用して行っています。マイクロロボットの製作では、小さな生物である昆虫の優れた機構や機能を工学的に解明し、ロボットの設計に取り入れています。マイクロマシンでは、従来の機械なら無視できる表面張力や静電気力といった小さな力までもが大きく影響してしまうため、これらの力を積極的に利用した新しい機構や駆動原理の開発に取り組んでいます。


主な研究
テーマ
昆虫規範型マイクロロボットの研究
マイクロ / ナノ機能表面を持つロボットの研究
表面張力を利用したマイクロマシンの研究 など
キーワード 昆虫規範型マイクロロボット / マイクロマシン

大学院 工学研究科

専攻