身近なものをさらに強く、作りやすく、使いやすく!

指導教員:久保木 功 教授/柳迫 徹郎 助教

航空・宇宙、医療、環境などのハイテク産業を支える軽量・高強度金属、センサー用セラミックス、繊維強化複合材料などは高強度、高機能の反面、「もの」への加工が難しい材料として知られています。材料の強さと加工のしやすさの両立、もろい機能材料の強じん化、加工性付与によるイノベーションの創出を狙い、身近な「もの」をいかに強くするか、早く複雑形状まで高精度に加工するか、機能材料と高強度材料の複合化により、いかに「もの」を使いやすくするかをめざし、材料の加工プロセスの研究を推進しています。
 
 
主な研究
テーマ
複雑形状部品の精密鍛造・転造加工
難加工材料の高強度化と加工性向上
構造材料への機能性付与 など
キーワード 難加工材 / スマート材 / 複合材 / 微細化 / 高強度化 / 機能性 / 鍛造 / 転造 / 超塑性

関連する「持続可能な開発目標(SDGs)」

工学院大学は、最新の科学技術や産業技術の研究・活動に注力するとともに、持続可能な循環型社会づくりに向け、地球規模の視野を持ち世界をリードできる人材の育成をめざします。

大学院 工学研究科

専攻