リサイクル工学研究室

「もの」も「熱」も無駄なく効率的に利用する

指導教員:小林 潤 教授

古紙から再生紙をつくる、空き缶からアルミニウムを精錬する、ペットボトルから繊維をつくるなどのリサイクルを行うには、それなりに資源やエネルギーが必要になります。本研究室では、少ない資源やエネルギーで効率的にリサイクルを行うための方法や、技術について研究しています。また、ごみ焼却発電などのエネルギーを生み出すリサイクル技術も、省資源化やCO2排出削減に有効な技術であり、より高効率にエネルギーを取り出すための技術開発も進めています。
 
 
主な研究
テーマ
廃棄物系バイオマスの有効利用
IH加熱を利用した金属回収技術開発
低温排熱を利用した冷房技術
キーワード バイオマス / 熱エネルギー / マテリアルリサイクル / 環境負荷低減

関連する「持続可能な開発目標(SDGs)」

工学院大学は、最新の科学技術や産業技術の研究・活動に注力するとともに、持続可能な循環型社会づくりに向け、地球規模の視野を持ち世界をリードできる人材の育成をめざします。

大学院 工学研究科

専攻