有機合成化学研究室

自ら開発した反応で複雑な天然物を合成する

指導教員:南雲 紳史 教授

新しいタイプの医薬品を開発するうえで、有用な生理活性を持つ化合物を見いだすことはとても重要です。植物や細菌が産生する有機化合物(天然物)の探索は、そのための有力な手段です。同時にそのような天然物を化学合成することも大切ですが、多くの化合物はとても複雑な構造のため、既存の反応を組み合わせただけでは合成困難です。そのため、私たちは実際の合成において直面する問題を、自らの手で新規反応を開発することにより克服し、またそのような努力を地道に続けることで天然物の化学合成に挑戦しています。


主な研究
テーマ
顕著な生物活性を有する天然物の合成研究
エポキシ不飽和エステルを用いた各種立体選択的反応
タンデム環化反応を利用した多環性構造の一段階合成 など
キーワード 医薬品合成 / 天然有機化合物の化学合成 / 精密有機合成
研究室ホームページはこちら

大学院 工学研究科

専攻