保存・再生デザイン分野 中島(智章)研究室

ヨーロッパなどの建築・都市のあり方を通じ多様な発想や価値観を

指導教員:中島 智章 准教授

建築は、さまざまな人間活動が営まれる場所です。そのため、つくるときも使うときも、たくさんの人たちの思いが反映されます。建築の歴史を学ぶことは、各時代の考え方や価値観を知ることであり、文化の異なる外国の歴史的建築にふれると、その幅が広がり、とても有意義です。本研究室では歴史的建築の研究を通じ、建築はもちろん、それぞれの時代の考え方や価値観を知り、世の中のさまざまなことを見て判断する「目」を身につけていきます。教員自身は、ヴェルサイユ宮殿に代表される絶対王政時代の建築を中心に研究を進めています。


主な研究
テーマ
近世ベルギーの都市防御システム
ヴェルサイユ宮殿の設計手法
ヴェルサイユ庭園の給水方法 など
キーワード 建築史 / 都市史 / インフラ / ヴェルサイユ / 宮殿 / 城

関連する「持続可能な開発目標(SDGs)」

工学院大学は、最新の科学技術や産業技術の研究・活動に注力するとともに、持続可能な循環型社会づくりに向け、地球規模の視野を持ち世界をリードできる人材の育成をめざします。

大学院 工学研究科

専攻