マイクロ・ナノ加工を実現する特殊加工の最前線

指導教員:武沢 英樹 教授

自動車産業や宇宙開発では、複雑な各構成部品を精度良く加工することが重要です。特に高硬度な特殊材料の形状加工には、放電加工や電解加工、レーザ加工が有利であり、これらの加工法や加工装置、加工現象を研究対象としています。最近では、各種アクチュエータを駆使して加工特性を向上させた装置の開発も行っており、メカトロニクス的な要素も多分に含みます。将来、設計や開発に携わる場合でも、加工工程や測定法を把握していると、製造現場との意思疎通は容易で円滑になるはずです。


主な研究
テーマ
回転軸付与ワイヤ放電による精密加工
溝付電極による深穴放電加工の効果
バインダレス超硬合金の放電加工特性 など
キーワード マイクロ・ナノ加工 / 精密加工 / 特殊材料 / 放電加工 / メカトロニクス

大学院 工学研究科

専攻