情報デザイン学科

情報学部

情報デザイン学科

コンテンツの力で人とコンピュータの調和を実現

入学定員
70名
キャンパス
八王子キャンパス(1・2年次)
新宿キャンパス(3・4年次)
※ 4年次は所属する研究室によってキャンパスが異なります。

学科の特色

マルチメディアコンテンツで、人とコンピュータの調和を実現する人材を育成します。

【キーワード】
マルチメディア情報処理/感性工学/コミュニケーション支援/生体計測/福祉情報工学/知覚・認知科学

将来の進路

  • 大学院修士課程
  • ソフトウェアの設計・開発
  • システムの構築
  • セールスエンジニア
  • コンテンツ設計・開発
  • ネットワーク構築
  • 公務員など

資格取得の優遇措置がある資格・免許

資格取得の優遇措置がある資格・免許

研究室紹介動画


Real Voice
原田 侑さん
STUDENT

情報デザイン学科

原田 侑さん

飛躍的な成長を遂げるディープラーニングに研究対象として大きな可能性を感じる

都心のキャンパスの充実した環境を存分に活用
情報分野に興味があったものの、プログラミングの経験はまったくなかったので、新しい概念や技術を吸収するのは大変でした。しかし講義と並行して演習や実験に取り組むカリキュラムにより、実践的な力が身についたと実感しています。スキルを高めるためには自ら学ぶ姿勢が必要ですが、新宿キャンパスには自由に使える高性能PCが多数設置されているので、存分にプログラミングに取り組むことができました。これまでの学びを通して興味を持ったのがAIによる深層学習です。この分野は高度な知識と技術が必要となるため、大学院に進学してスキルアップをめざしたいと思います。

自動生成した文章を高精度で判別するプログラムを開発
現在の最新技術を使えば、まるで人間が書いたような文章を自動生成することができます。文章作成の手間が省ける利点がある一方で、自動生成された文章がweb上にあふれると有用な情報が見つけにくくなったり、フェイクニュースのような倫理的な問題を引き起こす可能性も考えられます。そこで、深層学習によってコンピュータが自動生成した文章を見分ける技術の開発に取り組んでいます。現時点では、約90%という精度で判別が可能なプログラムの開発に成功していますが、今後はさらに精度を向上させつつ、他分野にも応用していきたいと思います。

情報学部のその他の学科

工学院大学入試サイト(https://www.kogakuin.ac.jp/admissions/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

対応ブラウザ

Chrome

Google Chrome

Windowsバージョン38以上
Macintoshバージョン38以上

Freifox

FireFox

Windowsバージョン33以上
Macintoshバージョン33以上

Safari

Safari

Windowsバージョン38以上
Macintoshバージョン38以上

Internet Explorer最新版

Internet Explorer

Windowsバージョン10以上