情報デザイン学科

情報学部

情報デザイン学科

コンテンツの力で人とコンピュータの調和を実現

入学定員
70名
キャンパス
八王子キャンパス(1・2年次)
新宿キャンパス(3・4年次)
※ 4年次は所属する研究室によってキャンパスが異なります。

学科の特色

マルチメディアコンテンツで、人とコンピュータの調和を実現する人材を育成します。

【キーワード】
マルチメディア情報処理/感性工学/コミュニケーション支援/生体計測/福祉情報工学/知覚・認知科学

将来の進路

  • 大学院修士課程
  • ソフトウェアの設計・開発
  • システムの構築
  • セールスエンジニア
  • コンテンツ設計・開発
  • ネットワーク構築
  • 公務員など

資格取得の優遇措置がある資格・免許

資格取得の優遇措置がある資格・免許

研究室紹介動画


Real Voice
久保田 悠花さん
STUDENT

情報デザイン学科

久保田 悠花さん

幅広く情報分野を学ぶことで、未来の可能性が切り拓けました

まったくの初心者から、プログラミングを攻略
これからの情報化社会に対応するために、人とコンピュータの関係性を学びたいと思い、情報デザイン学科に進学しました。高校時代はほとんどパソコンを触ったことがなかったので、プログラミングを理解するのは大変でした。授業だけでは追いつかず、自習も欠かせませんでしたが、徐々に仕組みがわかるようになり、最終的に自分で書いたプログラムが動いたときの達成感は忘れられません。プログラミングの面白さを実感する一方で、興味の範囲が狭まらないように、幅広い科目を履修しました。それにより、多角的に物事を見る目が養われたと思っています。

研究活動をやり遂げた自信を、これからに生かす
私にとって、研究室の先生との出会いは大きなものでした。3年次に教わった蒲池先生の授業はとてもわかりやすく、レポートの添削もしていただき、自分の得意、不得意を見つめ直すことができました。それがきっかけで、蒲池先生の認知情報学研究室に入り、人の表情についての研究を行いました。大量のサンプルをとることは大変な労力でしたが、研究活動をやり遂げたことは自信につながりました。卒業後は、システムエンジニアとして働きますが、研究で培った粘り強さを生かし、早く仕事を任されるようになりたいと思います。

情報学部のその他の学科

工学院大学入試サイト(https://www.kogakuin.ac.jp/admissions/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

対応ブラウザ

Chrome

Google Chrome

Windowsバージョン38以上
Macintoshバージョン38以上

Freifox

FireFox

Windowsバージョン33以上
Macintoshバージョン33以上

Safari

Safari

Windowsバージョン38以上
Macintoshバージョン38以上

Internet Explorer最新版

Internet Explorer

Windowsバージョン10以上