建築デザイン学科

建築学部

建築デザイン学科

人と環境にやさしい建築を創造する

入学定員
115名
キャンパス
八王子キャンパス(1・2年次)
新宿キャンパス(3・4年次)
※4年次は所属する研究室によってキャンパスが異なります。

学科の特色

機能的で美しく、快適で誰もが使いやすい建築や家具・インテリア、住環境、保存・再生のデザインを考えます。

【キーワード】
高齢者施設/バリアフリー/環境行動/自然素材/エコロジー/芸術文化施設研究/都市/建築の見方/スケール・素材・ディテール/日本の住まいと都市空間/伝統技術/建築史/保存修復/ユニバーサルデザイン/既存建築保存活用

将来の進路

  • 大学院修士課程
  • 設計事務所
  • 総合建設業
  • 工務店
  • ハウスメーカー
  • 公務員
  • NPO
  • コンサルタント
  • ランドスケープ・インテリアデザイン事務所
  • 建材・内装メーカー
  • 不動産デベロッパー
  • 技術研究所など

資格取得の優遇措置がある資格・免許

資格取得の優遇措置がある資格・免許

研究室紹介動画


Real Voice
中村 文彦 さん
STUDENT

建築デザイン学科

中村 文彦 さん

リノベーションを通して建物に新たな価値を付与したい

2年間で自分の興味ある分野を見つける
自らの手で建物を作りたいという漠然とした夢を持っていた私にとって、学部共通の基礎を学んだ後に学科選択できる工学院大学の建築学部のシステムは理想的でした。実際に学んでみると、外観からは見えない構造や設備などの重要性や、法律や景観など社会と密接に関わる側面も建築の一部であることもわかり、建築分野の幅広さを知ることができました。その中で特に興味を持った分野が、既存の建物を生まれ変わらせるリノベーションです。そのため、3年次の研究室選択では、迷うことなく建物の保存再生に取り組む研究室に進むことを決めました。

多様な視点から既存の建物を生まれ変わらせる
リノベーションの面白さは、何もないところから始められる新築の建物とは異なり、図面=建物があるために最初から一定の制限がある点です。その中で既存の建物の良さを生かしながら新たな価値を持ったものとして再生させるには、新築の場合とは異なるアイデアやアプローチが要求されます。また、公共性の高い建物を扱う場合には、周辺住民の理解を得るなど、まちづくり的な視点や知識も求められます。今後は大学院で知識と技術をさらに磨き、駅のターミナルなど多くの人が行き交う建物のリノベーションに携わりたいと考えています。

建築学部のその他の学科

工学院大学入試サイト(https://www.kogakuin.ac.jp/admissions/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

対応ブラウザ

Chrome

Google Chrome

Windowsバージョン38以上
Macintoshバージョン38以上

Freifox

FireFox

Windowsバージョン33以上
Macintoshバージョン33以上

Safari

Safari

Windowsバージョン38以上
Macintoshバージョン38以上

Internet Explorer最新版

Internet Explorer

Windowsバージョン10以上