環境化学科 [昨年度参考]

先進工学部

環境化学科 [昨年度参考]

豊かな自然と快適な生活を化学で実現する

入学定員
70名
キャンパス
八王子キャンパス(1・2年次)
新宿キャンパス(3・4年次)
※4年次は所属する研究室によってキャンパスが異なります。

学科の特色

豊かな自然と快適なくらしを支える方法を学び、環境保全のための最先端の化学技術を開発します。

【キーワード】
環境システム工学/大気汚染防止/水処理/土壌浄化/オゾン処理/地球温暖化/環境材料化学/再生可能エネルギー/燃料電池/環境調和型材料/熱電変換/リサイクル/環境評価・設計/低炭素社会/計算化学/環境材料設計/バイオマスエネルギー/生物資源利用/蓄電池/微粒子材料/ナノテクノロジー

将来の進路

  • 大学院修士課程
  • エンジニアリング
  • 建築・設備
  • 化学、医薬品
  • 食品
  • 電気・エレクトロニクス
  • 自動車
  • 機械
  • 資源・エネルギー
  • 環境コンサルタント
  • システムエンジニアなど

資格取得の優遇措置がある資格・免許

資格取得の優遇措置がある資格・免許

研究室紹介動画



Real Voice
西谷 実華さん
STUDENT

環境化学科

西谷 実華さん

研究者としての自分を高めるため大学院に進んで研究成果を残したい

専門性の高い学びに、好奇心が掻き立てられる
ニュースなどで流れる大気汚染やPM2.5などの環境問題に興味を持っており、そこにアプローチできるという視点から、応用化学科や建築学部のまちづくり学科なども検討しましたが、最終的に環境化学科に進学しました。大学の授業は材料や大気、膜、電池など幅が広く、専門性が高まります。先生方も各分野のエキスパートであり、難しい内容も増えますが、それだけに新しい知識を自分のものにしようとモチベーションが高まっています。

大気環境の改善につながる、意義ある研究に取り組む
研究室を選ぶにあたっては、学科のほとんどの研究室を見学しました。どの研究室もとても親切で、研究内容を先生が丁寧に教えてくれたり、先輩が時間を割いていろいろな話をしてくれるなど、とても参考になりました。私が入る予定の大気環境工学研究室は、研究テーマへの興味はもちろんですが、企業や他大学と共同研究を行っていることや先輩の研究実績など、研究レベルの高さにも魅力を感じました。研究室では、超音波を当てて霧化した酸化チタンに紫外線を当てることで、空気中の有害物質を効率的に分解するという、空気清浄機などへの応用も考えらえる研究に取り組む予定です。大学院への進学を考えているので、これから3年間しっかりと研究に取り組み、将来は人のくらしや社会に貢献できるような研究開発に携わりたいと思います。

先進工学部のその他の学科

工学院大学入試サイト(https://www.kogakuin.ac.jp/admissions/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

対応ブラウザ

Chrome

Google Chrome

Windowsバージョン38以上
Macintoshバージョン38以上

Freifox

FireFox

Windowsバージョン33以上
Macintoshバージョン33以上

Safari

Safari

Windowsバージョン38以上
Macintoshバージョン38以上

Internet Explorer最新版

Internet Explorer

Windowsバージョン10以上