環境化学科

先進工学部

環境化学科

豊かな自然と快適な生活を化学で実現する

入学定員
70名
キャンパス
八王子キャンパス(1・2・4年次)
新宿キャンパス(3・4年次)
※4年次は所属する研究室によってキャンパスが異なります。

学科の特色

豊かな自然と快適なくらしを支える方法を学び、環境保全のための最先端の化学技術を開発します。

【キーワード】
環境システム工学/大気汚染防止/水処理/土壌浄化/オゾン処理/地球温暖化/環境材料化学/再生可能エネルギー/燃料電池/環境調和型材料/熱電変換/リサイクル/環境評価・設計/低炭素社会/計算化学/環境材料設計/バイオマスエネルギー/生物資源利用/蓄電池/微粒子材料/ナノテクノロジー

将来の進路

  • 大学院修士課程
  • エンジニアリング
  • 建築・設備
  • 化学、医薬品
  • 食品
  • 電気・エレクトロニクス
  • 自動車
  • 機械
  • 資源・エネルギー
  • 環境コンサルタント
  • システムエンジニアなど

資格取得の優遇措置がある資格・免許

資格取得の優遇措置がある資格・免許

研究室紹介動画



Real Voice
市川 貴陽さん
STUDENT

環境化学科

市川 貴陽さん

全固体電池の研究を通して便利で安全な世界を作りたい

分野横断的な学びで視野が広がる
化学の歴史を学んでいると、一つの発見が次の新発見につながってきたことがわかります。そのような化学の発展性への魅力や、化学の技術を応用することで地球環境の改善につなげたいと思ったことから環境化学科を進学先に選びました。これまで履修した中で印象に残っているのが「数値計算法及び演習」の授業です。この授業を通して、化学とは関係ないと思っていたプログラミングが化学反応の計算に応用できることを知り、分野横断的に学ぶことの重要性を知るとともに、化学に対する視野を大きく広げてくれました。

電池という身近な存在を掘り下げたい
4年次からは誰もが身近に利用する電池について研究したいと考えています。中でも、電解液を一切使わないため液漏れなどのリスクが低く、電気自動車をはじめとしたさまざまな方面への応用が期待される全固体電池は最先端の技術であり、大いに興味を持っています。社会を大きく変えられる可能性がある分野だけに、これから本格的な研究を始めるのがとても楽しみです。現在は研究の準備としてたくさんの論文に目を通していますが、これまでの学びで土台ができていたため、内容をスムーズに理解できています。将来は研究職として、新たな電池の開発に取り組んでいきたいと考えています。

先進工学部のその他の学科

工学院大学入試サイト(https://www.kogakuin.ac.jp/admissions/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

対応ブラウザ

Chrome

Google Chrome

Windowsバージョン38以上
Macintoshバージョン38以上

Freifox

FireFox

Windowsバージョン33以上
Macintoshバージョン33以上

Safari

Safari

Windowsバージョン38以上
Macintoshバージョン38以上

Internet Explorer最新版

Internet Explorer

Windowsバージョン10以上