環境化学科

先進工学部

環境化学科

豊かな自然と快適な生活を化学で実現する

入学定員
70名
キャンパス
八王子キャンパス(1・2年次)
新宿キャンパス(3・4年次)
※4年次は所属する研究室によってキャンパスが異なります。

学科の特色

豊かな自然と快適なくらしを支える方法を学び、環境保全のための最先端の化学技術を開発します。

【キーワード】
環境システム工学/大気汚染防止/水処理/土壌浄化/オゾン処理/地球温暖化/環境材料化学/再生可能エネルギー/燃料電池/環境調和型材料/熱電変換/リサイクル/環境評価・設計/ライフサイクルアセスメント(LCA)/環境経営/低炭素社会/計算化学/環境材料設計

将来の進路

  • 大学院修士課程
  • エンジニアリング
  • 建築・設備
  • 化学
  • 医薬品
  • 食品
  • 電気・エレクトロニクス
  • 自動車
  • 機械
  • 資源・エネルギー
  • 環境コンサルタント
  • システムエンジニアなど

資格取得の優遇措置がある資格・免許

資格取得の優遇措置がある資格・免許

研究室紹介動画



Real Voice
清水 由梨さん
STUDENT

環境化学科

清水 由梨さん

社会貢献度が高い研究テーマに大きなやりがいを感じる

授業を通して新しい視点を得る
大気汚染に代表される環境問題に強い関心を持っていたので、化学を通して環境の改善を考える環境化学科に進学しました。授業では、資源を採掘し、製品を作り、リサイクルするまでに排出される二酸化炭素の総量を評価するLCA(ライフサイクルアセスメント)という手法を学ぶなど、新しい視点から環境について考えることができるようになりました。また、建設会社のインターンシップに参加して、建物ができていく過程を知ることで、産業が社会や環境にどのような影響を与えているのかを具体的にイメージできるようになりました。

原子力発電施設の排気用フィルターの開発に挑む
4年次からは大気環境工学研究室に所属して、廃炉中の原子力発電所で使われる高性能フィルターの開発に取り組みます。原子力発電用のフィルターは、通常の工場で使われるものと異なり、放射性物質の漏洩を防ぐために厳密で高度な技術が求められます。優れた研究成果を残せば世に出る可能性がある産学連携による取り組みということもあり、やりがいのあるものになりそうです。完全に新しい研究テーマのため頼れる先輩もおらず難しい研究となりそうですが、かえってモチベーションは高まっています。自分の力でこの研究分野を切り拓いていきたいという思いがあるので、大学院の2年間も使ってじっくりとこのテーマに取り組みたいです。

先進工学部のその他の学科

工学院大学入試サイト(https://www.kogakuin.ac.jp/admissions/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

対応ブラウザ

Chrome

Google Chrome

Windowsバージョン38以上
Macintoshバージョン38以上

Freifox

FireFox

Windowsバージョン33以上
Macintoshバージョン33以上

Safari

Safari

Windowsバージョン38以上
Macintoshバージョン38以上

Internet Explorer最新版

Internet Explorer

Windowsバージョン10以上