建築学科 [昨年度参考]

建築学部

建築学科 [昨年度参考]

建築のあり方を変える新たな技術を生み出す

入学定員
145名
キャンパス
八王子キャンパス(1・2年次)
新宿キャンパス(3・4年次)
※4年次は所属する研究室によってキャンパスが異なります。

学科の特色

災害に強く、いつまでも使い続けられ、かつ現代社会のニーズに応じた建築の技術を開発します。

【キーワード】
伝統木造/構造設計/耐震化/ドーム構造/長寿命/再資源/住宅供給システム/建築経済/快適住環境/サステナブル建築/空調システム/建築家具/医療/建築計画学研究/地球環境保全

将来の進路

  • 大学院修士課程
  • 設計事務所
  • 総合建設業
  • 工務店
  • ハウスメーカー
  • 公務員
  • NPO
  • コンサルタント
  • ランドスケープ・インテリアデザイン事務所
  • 建材・内装メーカー
  • 不動産デベロッパー
  • 技術研究所など

資格取得の優遇措置がある資格・免許

資格取得の優遇措置がある資格・免許

研究室紹介動画



Real Voice
沖田 拓馬さん
STUDENT

建築学科

沖田 拓馬さん

高齢化が進む日本でくらしやすい住宅を提供したい

個性豊かな同級生や留学から刺激を受ける
工学院大学の建築学部の特徴として、広い分野をカバーしており規模が大きいことが挙げられます。それだけに、丁寧な指導を受けられるかどうか不安でしたが、実際は各分野に教員が多数おり、実技科目では十分なアドバイスをもらうことができました。また、さまざまな能力や個性を持った学生がいることがとてもいい刺激になっています。3年次に参加したハイブリッド留学®の経験も学びに役立っています。イギリスの都市の歴史や住宅の構造などを生活しながら体感したことで、日本の建築やまちづくりをより広い視野で捉えられるようになりました。

人に優しい建築を手がけたい
これまでの学びを通して、人が快適に過ごせる空間作りに興味を持ちました。配属予定の研究室では、医療施設や高齢者の介護施設を見学。施設での生活の質を向上させるための動線の配慮や、段差を減らす設計など、さまざまな工夫が行われていることを知り、建築が果たす役割の大切さを改めて認識することができました。高齢化が進む日本において、そのような取り組みの重要性はさらに高まると思います。卒業後はハウスメーカーに就職し、大学で得た経験を生かして人に優しい住宅の設計に携わっていきたいと考えています。

建築学部のその他の学科

工学院大学入試サイト(https://www.kogakuin.ac.jp/admissions/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

対応ブラウザ

Chrome

Google Chrome

Windowsバージョン38以上
Macintoshバージョン38以上

Freifox

FireFox

Windowsバージョン33以上
Macintoshバージョン33以上

Safari

Safari

Windowsバージョン38以上
Macintoshバージョン38以上

Internet Explorer最新版

Internet Explorer

Windowsバージョン10以上