まちづくり学科

建築学部

まちづくり学科

快適に住み続けられるまちを実現する

入学定員
85名
キャンパス
八王子キャンパス(1・2年次)
新宿キャンパス(3・4年次)
※4年次は所属する研究室によってキャンパスが異なります。

学科の特色

人のくらしを見つめ、快適で持続可能なまちをつくる知識や技術、マネジメント能力を修得します。

【キーワード】
都市景観/都市デザイン/既成市街地/中心市街地活性化/エコロジカルなまちづくり/環境配慮建築/環境共生/地震工学/社会工学/安全・安心/ ICT /地域防災/社会実験/事業継続/都市開発

将来の進路

  • 大学院修士課程
  • 設計事務所
  • 総合建設業
  • 工務店
  • ハウスメーカー
  • 公務員
  • NPO
  • コンサルタント
  • ランドスケープ・インテリアデザイン事務所
  • 建材・内装メーカー
  • 不動産デベロッパー
  • 技術研究所など

資格取得の優遇措置がある資格・免許

資格取得の優遇措置がある資格・免許

Real Voice
渡辺 結さん
STUDENT

まちづくり学科

渡辺 結さん

地方都市が抱える問題を解決し、より良いくらしを作りたい

「まちづくりは人を助ける」という言葉に共感
私にとって、建築とはあくまで一つひとつの建物のことであり、「まち」はスケールが大きすぎて建築という視点からは見ていませんでした。しかし、「建築概論」の授業で、市の中心部にあった道路を広場として生まれ変わらせた実績を持つ先生の話を聞き、「まち」を考えることも建築の一部であり、生活環境や人々の行動をより良い方向に変えられることを知りました。また、「まちづくりは人助け」という先生の言葉に感銘を受け、人口減少時代に突入したこれからの日本の都市のあり方を学びたいと考えるようになりました。

正解がない課題だからこそ、やりがいを感じる
現在、興味を持っているテーマがコンパクトシティです。多くの地方都市は、ドーナツ化現象による中心部の空洞化や都市機能の分散化といった問題を抱えながら、人口減少や住民の高齢化など、さらなる課題が山積みとなっています。そこで、公共交通機関を整備し、都市区域や居住区域を一定の範囲に集約することで、地域経済の活性化や行政コスト削減、公共サービスの充実などをめざすのがコンパクトシティという考え方です。とは言え、都市が抱える問題はそれぞれ異なるため、先行する成功事例があっても、その手法が同じようには通用しないのがこのテーマの難しさ。それだけに興味が尽きませんし、やりがいも感じています。

建築学部のその他の学科

工学院大学入試サイト(https://www.kogakuin.ac.jp/admissions/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

対応ブラウザ

Chrome

Google Chrome

Windowsバージョン38以上
Macintoshバージョン38以上

Freifox

FireFox

Windowsバージョン33以上
Macintoshバージョン33以上

Safari

Safari

Windowsバージョン38以上
Macintoshバージョン38以上

Internet Explorer最新版

Internet Explorer

Windowsバージョン10以上