電気電子工学科

工学部

電気電子工学科

エネルギーとエレクトロニクス、システムで人の生活を支える

入学定員
120名
キャンパス
八王子キャンパス(1・2年次)
新宿キャンパス(3・4年次)
※4年次は所属する研究室によってキャンパスが異なります。

学科の特色

電磁気、電気回路、エレクトロニクス、システム制御の学びを通して、持続可能型高度情報化社会で活躍できる能力を身につけます。

【キーワード】
電力システム/交通システム/ビル電気システム/IoT機器/電気電子計測/次世代太陽電池/リニアモータ/磁気浮上/パワーエレクトロニクス/電子顕微鏡/光無線伝送/自動車制御/多機能センサ/人工知能/生体システム/医用電子工学

将来の進路

  • 大学院修士課程
  • 総合電機・電気関連・自動車・自動車部品関連・精密機器・食品などのメーカー
  • 電気設備工事・電気保守サービス・電気関連総合商社・建設・運輸サービス・通信サービス業など

資格取得の優遇措置がある資格・免許

資格取得の優遇措置がある資格・免許

研究室紹介動画


Real Voice
木村 仁美さん
STUDENT

電気電子工学科4 年

木村 仁美さん

電気電子の知識とプログラミング技術で走査電子顕微鏡の改良に挑む

実験を通して基礎の重要性を確認する
手を動かしてモノを作ったり分解することが好きで、工学分野に興味を持っていました。その中で、応用範囲が極めて広いこの分野を掘り下げてみたいと思ったことが進学の理由です。
電気は目に見えないだけに、それを確かめられる実験科目はとても面白いです。その一つである「電気電子工学実験」では、グループで協力しながら課題に取り組みました。思うように結果が得られず苦労もしましたが、アイデアを出し合いながら課題解決する過程はとても楽しいものでした。また、授業で学んだ内容を実験で再確認することで、基礎理論の大切さを実感することもできました。

大学院で研究をより深く究めていきたい
現在は、走査電子顕微鏡(SEM)の性能を向上させる研究に携わっています。SEMは、高速で対象をスキャンすると得られる画像の画質が劣化するため、それを改善するために、画像処理アルゴリズムやプログラムの改善、AIによるノイズ除去システムを利用することで、高速かつ高画質な画像データを得られないかと検討しています。研究では授業で学んだ電気電子の知識とプログラミングの技術の両方を生かすことができるため、とてもやりがいを感じています。将来的に研究開発職に就きたいという目標があるため、卒業後は大学院に進む予定です。今後は、今まで学んだ画像処理技術を用いてSEM本体の性能改善に取り組むなど、 研究をさらに前に進めていきたいと思っています。

工学部のその他の学科

工学院大学入試サイト(https://www.kogakuin.ac.jp/admissions/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

対応ブラウザ

Chrome

Google Chrome

Windowsバージョン38以上
Macintoshバージョン38以上

Freifox

FireFox

Windowsバージョン33以上
Macintoshバージョン33以上

Safari

Safari

Windowsバージョン38以上
Macintoshバージョン38以上

Internet Explorer最新版

Internet Explorer

Windowsバージョン10以上