システム数理学科【2016年4月新設】

システム数理学科【2016年4月新設】

システム数理学科の特徴

情報を生かして社会や企業をリードする

データ分析に基づき、企業や社会をリードするシステム構築や経営戦略立案ができる人材を育てます。

【キーワード】
企業情報システム/データベース/情報イノベーション/統計解析と予測/クラウドコンピューティング/人工知能

社会につながる工学院大学の学び

システム数理学科の学びを通して…、4年後こんなあなたに成長できる

社会につながる学び1
社会につながる学び2
社会につながる学び3

研究室紹介

カリキュラム

○:必修科目 △:選択必修科目

1年次

カリキュラムを開く/閉じる
共通基礎科目
○微分
○積分
偏微分
重積分
○微分・積分演習
○線形代数学1
○線形代数学2
○線形代数学演習
物理学1
物理学2
情報物理学A
情報物理学B
物理学実験
物理学演習I
物理学演習II
○情報処理入門
化学A
化学B
専門基礎科目
○情報学序論
○情報数学1
○情報数学2
情報数学3
情報数学4
○情報数学演習I
情報数学演習II
○プログラミング1
○プログラミング2
○プログラミング3
○プログラミング4
○プログラミング演習I
○プログラミング演習II
○論理回路
○電気回路理論I
○電気回路理論演習I

2年次

カリキュラムを開く/閉じる
共通基礎科目
線形代数学3
線形代数学4
生物学基礎論
専門基礎科目
○確率・統計I
コンピュータアーキテクチャ
データ構造とアルゴリズム
○情報学概論
情報学特別講義
○情報学実験
情報コミュニケーション英語
科学レポートの書き方
情報処理技術基礎論
○システム数理学基礎論
システム幾何学
○システム数理学実験
経営情報
△ミクロ経済学
△マーケティング概論
情報インフラ
△システム構築論
△情報ネットワーク概論
△データベース論
△WeBプログラミング
WeBプログラミング演習
データ科学
△多変量解析
多変量解析演習
△オペレーションズリサーチ

3年次

カリキュラムを開く/閉じる
専門基礎科目
○情報技術者英語
英語文献講読
情報社会と情報倫理
経営情報
△デジタル経済学
マーケティング演習(PBL)
△企業システム序論
応用計量経済分析演習(PBL)
情報とイノベーション
マネジメント論
△企業システム研究
情報インフラ
システム監査・テスト
△応用情報システム
△WeBマイニング
応用情報システム(PBL)
クラウドコンピューティング
WeBマイニング演習
データ科学
△パターン認識
パターン認識演習
△動的システム
△離散システム
△機械学習
計算知能
予測モデリング
学外研修
○システム数理セミナーI(PBL)
○システム数理セミナーII(PBL)
※情報と職業

4年次

カリキュラムを開く/閉じる
経営情報
情報と法
○卒業論文(PBL)
※情報と職業
【2018年04月01日更新】

進路について

資格取得の優遇措置がある資格・免許

卒業後の進路

主な就職先(2018年3月卒業生)

(株)アルファシステムズ、イオンリテール(株)、いすゞ自動車(株)、伊藤忠テクノソリューションズ(株)、(株)インテック、SCSK(株)、NECソリューションイノベータ(株)、NECネッツエスアイ(株)、NECフィールディング(株)、(株)NSD、エヌ・ティ・ティ・コムウェア(株)、NTTテクノクロス(株)、(株)関電工、キヤノンITソリューションズ(株)、京セラコミュニケーションシステム(株)、JR東日本メカトロニクス(株)、(株)ジャステック、セコム(株)、ソフトバンク(株)、SOMPOシステムズ(株)、第一生命情報システム(株)、大日本印刷(株)、(株)タチエス、(株)DTS、東芝テック(株)、凸版印刷(株)、日本アイ・ビー・エム・サービス(株)、日本コムシス(株)、日本郵便(株)、東日本旅客鉄道(株)、日立情報通信エンジニアリング(株)、(株)日立製作所、(株)日立ソリューションズ・クリエイト、(株)日立物流、富士ゼロックス(株)、富士ソフト(株)、富士通(株)、(株)富士通マーケティング、ヤマハ発動機(株)、(株)ワークスアプリケーションズ
【公務員】小鹿野町役場職員、埼玉県警察、草加市教育委員会、東京都教員、福生市役所

情報系学科業種別就職割合

(2018年3月卒業生)*画像クリックで拡大表示

交通広告

京王線ドア横ポスターシリーズ

“工学院大学の研究活動は明日と未来を創造します”をコンセプトに、本学を紹介する京王線ドア横ポスターシリーズを展開しています。

京王線ドア横ポスターシリーズ

【掲出期間:2015.3.16-2015.5.15】第17弾は“ビッグデータ”の活用により「絶対に渋滞がおこらない高速道路を行動統制システムで実現する」をコンセプトに、学園創立以来、着実に受け継いできた技術を活かし、常に変化する社会のニーズに応える「新しい価値の創造」に励む学生たちの姿を表現しました。

Real Voice

  • student 吉本 哲也さん
    コンピュータ科学科
    吉本 哲也さん

    データに含まれる要因を読み解き社会の問題点を改善したい

    思っていた以上に上達したプログラミング技術
    大学に入るまでプログラミングの経験がまったくありませんでした。しかし、今後、義務教育においてプログラミング教育が必修化されるなど、これからの社会に欠かせない技術だと思い、授業はもちろん、空き時間も活用して修得に励みました。プログラミングの魅力として、正解というものがなく、さまざまなアプローチができる自由度の高さがあります。私もある程度の基本を身につけてからは、最適解を求めていくつもの解法を試しました。それにより理解がさらに深まり、いまではプログラミングのコンテストに出場できる力を身につけることができました。社会で使える技術を身につけられたことは、今後も大きな強みになると思います。