• Home
  • プレスリリース
プレスリリース

工学院大学からの情報を広く発信

研究、教育、学生活動…大学の様々な情報を、社会に向けて常に発信しています。
取材等のご依頼は、総合企画部広報課までお問い合わせください。

公式SNS

各種SNSでも工学院大学の最新情報を発信しています。ぜひご覧ください。

『工学院大学ソーラーチーム』が10月世界大会に向けて、日本初の塗装技術を導入した新車両の試走を実施

~産学連携バックアップを受け学生自らが設計・製作~

工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)の学生プロジェクト『工学院大学ソーラーチーム』が、10月にオーストラリアで開催される世界最高峰のソーラーカーレース「2019ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ(BWSC)」に参戦する新車両「Eagle」の試走を、7月13日(土)から2日間、株式会社ブリヂストンの協力のもと、栃木県にある同社の国内テストコース、ブリヂストンプルービンググラウンドで行いました。

『工学院大学ソーラーチーム』が10月世界大会に向けて、日本初の塗装技術を導入した新車両の試走を実施 ~産学連携バックアップを受け学生自らが設計・製作~ [710KB]
全文を読む
  • 「ミニチュアハウスを作ってみよう」昨年度実施の様子

参加無料!親子で参加できる多摩地域最大級の科学イベント工学院大学科学教室を8/24(土)・25(日)に開催

~実験や体験・工作をとおして“科学の面白さ”を体験~

工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)は、2019年8月24日(土)・25日(日)の2日間にわたり「第26回 工学院大学わくわくサイエンス祭 科学教室」を八王子キャンパスで開催します。科学教育の普及を目的とした社会貢献事業で、様々な分野の演示を用意した学生・生徒が説明して、“科学の面白さ”を子ども達に伝えます。

参加無料!親子で参加できる多摩地域最大級の科学イベント工学院大学科学教室を8月24日(土)・25日(日)に開催 ~実験や体験・工作をとおして“科学の面白さ”を体験~ [305KB]
全文を読む

工学院大学が『イノベーション・ジャパン2019』に全国トップの27テーマを出展

~開発技術をビジネスマッチング、今後は高齢社会を支える共生工学も展開~

工学院大学(学長:佐藤光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)は、JSTとNEDOが主催する国内最大規模の産学マッチングイベント『イノベーション・ジャパン2019』に出展します。採択された「大学等シーズ展示」の27テーマは、全国の国公私立大学の中で第1位の採択数で、また全11分野のうち9分野において、社会が注目する最先端の研究シーズと認められた成果です。研究に学生が関わっていることはもちろん、本イベントで企業における第一線研究者らと大学院生・学部生が直接議論できる場として高い教育効果が得られます。本年は、都市災害の低減と被災時の速やかな復旧を支援する技術開発が12年目を迎え、また4月からは超高齢社会において直面する様々な課題の解決を目的に、教育・研究拠点を新設する「共生工学研究センター」が始動するなど、社会・産業と最先端の学問を幅広くつなぐ研究を展開しています。

工学院大学が『イノベーション・ジャパン2019』に全国トップの27テーマを出展 ~開発技術をビジネスマッチング、今後は高齢社会を支える共生工学も展開~ [277KB]
全文を読む
  • 世界大会に挑む新車両「Eagle」

『工学院大学ソーラーチーム』世界大会参戦の新車両を初公開、7月中旬には国内試走

~産学連携バックアップを受け学生自らが設計・製作、学内で開発された日本初の塗装技術も導入~

工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)の学生プロジェクト『工学院大学ソーラーチーム』が、10月にオーストラリアで開催される世界最高峰のソーラーカーレース「2019ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ」に参戦する新車両を、6月27日(木)の記者発表会で初公開しました。新車両には、学内で開発した「プラスチックを紫外線劣化から守る」日本初のナノテク塗装など、様々な最先端素材・技術が導入されています。7月中旬には国内での試走を予定しています。

【プレスリリース】『工学院大学ソーラーチーム』世界大会参戦の新車両を初公開、7月中旬には国内試走 ~産学連携バックアップを受け学生自らが設計・製作、学内で開発された日本初の塗装技術も導入~ [738KB]
全文を読む

工学院大学、大学院生が専門分野の見識を深める「ディプロマット留学」を新設

~大学院生の海外留学プログラムを独自視点で開発。高度な工学系グローバル人材を育成~

工学院大学(学長:佐藤光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)は、主に大学院生を対象とする独自の留学プログラム「ディプロマット留学」を開発し、2020年4月から試行的に開始します。留学先である米国の協定大学において、大学院生の専攻分野と関わる学部の授業科目を履修し、その分野における日本と異なる捉え方や取り組み方について研修を受けます。2013年からスタートした「ハイブリッド留学」の発展形として、一般的な留学制度の高いハードルである費用や各種試験の負担を軽減し、異文化経験を通して飛躍的に成長した、高度な工学系グローバル人材を育成します。

【プレスリリース】工学院大学、大学院生が専門分野の見識を深める「ディプロマット留学」を新設 ~大学院生の海外留学プログラムを独自視点で開発。高度な工学系グローバル人材を育成~ [303KB]
全文を読む

工学院大学オープンカレッジ鉄道講座の「無料特別講座」「入門講座」を開講

~鉄道業界を目指す方や鉄道関係者の学びを支援~

工学院大学オープンカレッジ鉄道講座は、「無料特別講座」を6月22日に、「入門講座」を6月26日から開講する。無料特別講座は同大学の高木亮教授(工学部電気電子工学科)が「自動運転時代の鉄道の可能性」のタイトルで講演する。「入門講座」は、公共交通論を含めた全10テーマを扱う。いずれも要申込み。

申込先 鉄道講座事務局 株式会社ライトレール
http://www.LRT.co.jp/kogakuin/

<工学院大学オープンカレッジ鉄道講座とは>
工学院大学の曽根悟特任教授による企画・監修のもと、鉄道に関する幅広い知識を体系的に得る学びの場。2009年から開講し、特定の鉄道事業者に偏らない、工学・現場重視の分析や解説が特徴。

【プレスリリース】工学院大学 鉄道講座の「入門講座」を新設し6月26日開講 ~鉄道業界を目指す方や鉄道関係者の学びを支援~ [222KB]
全文を読む

「自動運転時代の鉄道の可能性」を高木亮教授が講義

~工学院大学 鉄道の無料特別講座を6月22日に開講~

工学院大学オープンカレッジは、曽根 悟特任教授(工学部電気電子工学科)と高木 亮教授(工学部電気電子工学科)による無料特別講座「自動運転時代の鉄道の可能性」を6月22日に、工学院大学 新宿キャンパスにて開講します。

【プレスリリース】「自動運転時代の鉄道の可能性」を高木 亮教授が講義 ~工学院大学 鉄道の無料特別講座を6月22日に開講~ [227KB]
全文を読む
  • テーマ「ふわふわスライムをつくろう!」

「Science Create Project」が「第2回こどもめばえフェスタ」でワークショップを開催

~開発した実験を通して子どもたちに科学の面白さを伝えます!~

工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)の学生プロジェクト「Science Create Project(サイエンス・クリエイト・プロジェクト、以下SCP)」が、6月22日(土)に3331 Arts Chiyoda(東京都千代田区)で開催される「第2回 こどもめばえフェスタ」で新型スライム作りのワークショップを行います。

【プレスリリース】工学院大学学生プロジェクト「Science Create Project」が「第2回こどもめばえフェスタ」でワークショップを開催 [266KB]
全文を読む
  • オープンキャンパスで体験できるフライトシミュレータ

工学院大学オープンキャンパスを6月9日(日)に開催

~都心でのキャンパスライフを実感しながら、大学での学びを実践的に体験〜

工学院大学(学長:佐藤光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)は、キャンパスを開放し大学の様々な学びを体験できるオープンキャンパスを2019年6月9日(日)に新宿キャンパスで開催します。160以上ある研究室や多様な課外活動の紹介、2019年4月に先進工学部に新設された『航空理工学専攻』で使用しているフライトシミュレータ体験など、様々なプログラムが用意されています。

【プレスリリース】工学院大学オープンキャンパスを6月9日(日)に開催 ~都心でのキャンパスライフを実感しながら、大学での学びを実践的に体験〜 [210KB]
全文を読む

世界大会準優勝に輝いた『工学院大学ソーラーチーム』の車両を一般公開

~小さな部品から車両の設計まで、全てを学生主体で製作したソーラーカー~

工学院大学(学長:佐藤光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)の学生プロジェクト「工学院大学ソーラーチーム」が製作した車両が、6月4日(火)に東京スクエアガーデン(東京都中央区)にて開催される「ソーラーカー展示&乗車撮影会」(主催/株式会社ブリヂストン)に登場します。当日は、チームの学生が車両の説明やチーム紹介などを行います。
この出展車両は、大学の研究資源(教員)と“ものづくり”の施設を最大限に活用して、学生が“設計”から“製作”までの全てを担って作り上げ、2015年にオーストラリアで開催された世界最大級のソーラーカーレース「2015ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ」のクルーザークラスで準優勝に輝きました。

【プレスリリース】世界大会準優勝に輝いた『工学院大学ソーラーチーム』の車両を一般公開 ~小さな部品から車両の設計まで、全てを学生主体で製作したソーラーカー~ [295KB]
参考資料 [533KB]
全文を読む

6/2、“教育界のノーベル賞”報告会を開催

~日本初「グローバル・ティーチャー賞」TOP10に選出された<br>工学院大学附属中高・髙橋一也教諭が登壇~

工学院大学附属中学校・高等学校(校長:平方邦行、所在地:東京都八王子市)の髙橋一也教諭(英語科)が、6月2日(日)に開催される「グローバル・ティーチャー賞報告会」に登壇します。髙橋教諭は2017年に“教育界のノーベル賞”と称される本賞において日本で初めてTOP10に選出されました。当日はこれまでに日本人で本賞に選出された髙橋教諭を含む3人の教諭による受賞報告や、有識者を交えたパネルディスカッションのほか「日本版グローバル・ティーチャー賞」の設立に関する発表も予定しています。6月3日(月)には柴山昌彦文部科学大臣を表敬訪問し本件に関する報告を行います。

【プレスリリース】6/2、“教育界のノーベル賞”報告会を開催 ~日本初「グローバル・ティーチャー賞」TOP10に選出された工学院大学附属中高・髙橋一也教諭が登壇~ [259KB]
全文を読む

新入生が初めての授業でフォステクス カンパニーと連携しスピーカー製作による“ものづくり”を体験

~PBL授業を通してものづくりの楽しさや工夫の大切さを実感~

工学院大学(学長:佐藤光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)は、工学部電気電子工学科新1年生の授業において、フォスター電機株式会社フォステクス カンパニー(代表取締役社長:吉澤博三、所在地:東京都昭島市)と連携し、スピーカーを製作しました。学生たちは、このPBL(問題解決型学習)授業を通して、自らスピーカーを部品1つ1つから組み合わせて作り上げることで、その構造や仕組みを理解するとともに、ものづくりの楽しさや工夫の大切さを実感できる貴重な機会を得ました。

【プレスリリース】工学院大学、新入生が初回授業でフォステクス カンパニーと連携しスピーカー製作による“ものづくり”を体験 ~PBL授業を通してものづくりの楽しさや工夫の大切さを実感~ [328KB]
全文を読む

映像・3Dプロジェクションマッピングを手掛けるピクスと連携

~ 学生が企業とダイレクトにコラボレーションする工学院大学のISDCプログラム ~

工学院大学(学長:佐藤光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)は、独自の教育プログラムである「ISDCプログラム」を実施しています。“学生が主体”で企業とダイレクトにコラボレーションするこのプログラムに、4つめの参加企業となる映像・3Dプロジェクションマッピングなどを手掛ける株式会社ピクス(代表取締役社長:中祖 眞一郎、所在地:東京都渋谷区)と連携する契約を締結しました。

【プレスリリース】~学生が企業とダイレクトにコラボレーションする工学院大学のISDCプログラム~ 映像・3Dプロジェクションマッピングを手掛けるピクスと連携 [258KB]
全文を読む

<取材案内・プレス対象>工学院大学ソーラーチームが八王子キャンパスで新型車両製作

300人体制の『工学院大学ソーラーチーム』が世界一位を狙う!<br />学生・教授・大学全体が一丸となり八王子キャンパスで新型車両製作

製作期間(予定):4/1 ~ 6/30
場所:工学院大学八王子キャンパス

※期間内で取材日を調整いたします

工学院大学(所在地:東京都新宿区/八王子市)の学生プロジェクト『工学院大学ソーラーチーム』は、2019年10月にオーストラリアで開催される「2019ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ(BWSC)」に向け、学内の研究資源(教員)と“ものづくり”の施設を最大限に活用して、4月1日より八王子キャンパスにて新車両製作最終工程のアッセンブル作業を開始しました。
「BWSC」は、太陽光を動力源として約5日間をかけて3,000kmを超えるオーストラリア大陸を縦断する世界最高峰のソーラーカーレースで、同チームは4度目の参戦で初優勝を狙います。

【プレスリリース】300人体制の『工学院大学ソーラーチーム』が世界一位を狙う! 学生・教授・大学全体が一丸となり八王子キャンパスで新型車両製作 [193KB]
全文を読む

史上初!工学院大学 紀基樹 客員研究員らの国際研究チームが“ブラックホール”の撮影に成功

工学院大学(学長:佐藤光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)の紀基樹 客員研究員(教育推進機構)らの参加する国際研究チームが、「イベント・ホライズン・テレスコープ」と呼ばれる地球サイズの仮想電波望遠鏡を用いて、メシエ87(M87)銀河の中心を、天体観測史上最も高い空間解像度で観測しました。その結果、理論上予言されていた「ブラックホールシャドウ」と呼ばれる中心部に黒い穴の空いているリング状に光る構造を、史上初めて撮像することに成功しました。今回観測されたブラックホールシャドウの画像は、アインシュタインの一般相対性理論で予言される「回転するブラックホール(カー・ブラックホール)」のごく近傍での現象で説明できることが明らかになりました。

【プレスリリース】史上初!工学院大学 紀基樹 客員研究員らの国際研究チームが“ブラックホール”の撮影に成功 [228KB]
全文を読む

世界一速いソーラーカーを目指して車両製作をスタート、 工学院大学ソーラーチームが10月の世界大会に向けて

~小さな部品から車両の設計まで、全てが学生主体のものづくり~

工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)の学生プロジェクト『工学院大学ソーラーチーム』は、2019年10月にオーストラリアで開催される「2019ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ」に向け、新車両の製作をスタートしました。2018年11月には車両設計を完了し、12月末からサポート企業の一つである株式会社ジーエイチクラフト(帝人グループ、代表取締役社長:郷家正義、所在地:静岡県御殿場市)の工場で、指導やアドバイスを受けながら学生自らが車両を製作しています。4月には八王子キャンパス内の「総合研究所 ソーラービークル研究センター」で車両をアッセンブルし、6月の完成を予定しています。

【プレスリリース】世界一速いソーラーカーを目指して車両製作をスタート、工学院大学ソーラーチームが10月の世界大会に向けて [243KB]
全文を読む
  • 学生プロジェクトが製作したはちみつ入り入浴剤
  • キャンパス内に設置された壁面デザインの一つ
  • 学生プロジェクトが製作したはちみつ入り入浴剤
  • キャンパス内に設置された壁面デザインの一つ

工学院大学入学式を4月1日(月)八王子キャンパスで開催

~入浴剤の配布やキャンパス見学ツアーなどで新入生を歓迎!~

工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)は、4月1日に八王子キャンパスで2019年度工学院大学および同大学院の入学式を開催します。在学生らが様々な取り組みを企画・実施して、新入生にとって思い出になる入学式にするだけでなく、保護者もキャンパスを肌で感じ、より深く大学を知ってもらう機会となる特別な一日を提供します。みつばちプロジェクトメンバーがコラボした、はちみつ入り入浴剤「KUTE Honey In The Bath」も配布します。

【プレスリリース】入浴剤の配布やキャンパス見学ツアーなどで新入生を歓迎! [364KB]
全文を読む
  • おうし座DM星周囲の原始惑星系円盤の観測画像 Credit: ALMA (ESO/NAOJ/NRAO),Kudo et al.

武藤 恭之准教授らの国際研究チームが アルマ望遠鏡で“原始ミニ太陽系”をとらえる

工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)の武藤 恭之准教授(教育推進機構)らの参加する国際研究チームが、アルマ望遠鏡を用いて、生まれたての星であるおうし座DM星の周りに存在する円盤の詳細な構造を観測しました。その結果、周囲の原始惑星系円盤の塵の分布を、6天文単位(1天文単位は、太陽と地球の間の距離)という、これまでにない高い空間解像度でとらえることに成功しました。この円盤は、私たちの太陽系とよく似た構造を持つことが明らかになり、太陽系の起源の解明に向けた大きなステップとなりました。
【プレスリリース】武藤恭之准教授らの国際研究チームがアルマ望遠鏡で“原始ミニ太陽系”をとらえる [187KB]
全文を読む

<取材案内・プレス対象>工学院大学が巨大都市での防災活動支援技術を開発、成果報告会を3月13日に開催

~ 文部科学省「私立大学研究ブランディング事業」成果報告会 ~

工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)は、3月13日に文部科学省「私立大学研究ブランディング事業 成果報告会」を下記の通り開催します。
新宿駅西口地域にキャンパスを構える工学院大学は、災害時には西口現地本部となり、新宿区災害対策本部と連携して、地域の混乱防止と応急活動を支援する役割を担います。2016年には「私立大学研究ブランディング事業」採択を受け、建築学と情報学の最新技術を融合させた巨大都市での防災に役立つ技術の開発とその社会実装に取り組んでいます。

開催日時:2019年3月13日(水)15:00-18:00
開催場所:工学院大学新宿キャンパス

【プレスリリース】工学院大学が巨大都市での防災活動支援技術を開発、成果報告会を3月13日に開催 [339KB]
全文を読む

<取材案内・プレス対象>工学院大学附属中学校・高等学校 「MoG見学DAY」開催のご案内(3/13)

工学院大学附属中高生が、海外留学先で地域問題の解決に取り組む<br>~ ベトナムで観光業推進に挑戦、国内での事前ワークを公開 ~

工学院大学附属中学校・高等学校(校長:平方 邦行、所在地:東京都八王子市)の生徒が、3月下旬から海外留学において地域問題を社会起業家と解決に取り組む実践型教育プログラム「MoG(Mission on the Ground)」に取り組みます。2022年度から施行される新学習指導要領に先駆けて取り組んでいる本プログラムについて、このたび、5回目の事前研修の様子を「見学DAY」としてメディアの皆様を対象に公開させて頂きます。生徒たちの真剣な学びの様子をぜひご取材ください。

【プレスリリース】3月13日(水) 工学院大学附属中学校・高等学校 「MoG見学DAY」開催のご案内 [234KB]
全文を読む

工学院大学附属高校生が制作した4コマ漫画が情報セキュリティのコンクールで優秀賞を受賞

~ 対話型・問題解決型授業の一環として、授業内でコンクール課題に挑む ~

工学院大学附属高等学校(校長:平方 邦行、所在地:東京都八王子市)の生徒が情報セキュリティをテーマに制作した作品が、第14回「ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール2018」(主催:独立行政法人 情報処理推進機構)の4コマ漫画部門で、協力団体の一つである警視庁が選出する優秀賞を受賞しました。工学院大学附属高等学校では、21世紀型教育として、対話型・問題解決型授業(PBL)、ICT教育を実施しており、この作品は「社会と情報」の授業内で制作しました。
  • 優秀賞<警視庁> 『そのウイルス 本当?』
【プレスリリース】工学院大学附属高校生が制作した4コマ漫画が情報セキュリティのコンクールで優秀賞を受賞 [665KB]
全文を読む

工学院大学ソーラーチームがチーム設立10周年に悲願の世界大会初優勝へ! 「2019BWSC」に参戦決定

~日本の最先端技術を集結した車両を学生自らが製作、4度目の世界挑戦~

工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)の学生プロジェクトである『工学院大学ソーラーチーム』は、2019年10月13日~20日にオーストラリアで開催される世界最高峰のソーラーカーレース「2019ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ(BWSC)」に参戦することを決定しました。
  • 2017年世界大会の様子
  • 車両のメンテナンスを行う学生
【プレスリリース】『工学院大学ソーラーチーム』がチーム設立10周年に悲願の世界大会初優勝へ!「2019ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ」に参戦決定 [453KB]
全文を読む

日本の近代建築の象徴”東京駅丸の内駅舎”で開催される建築イベントに藤森照信特任教授と大内田史郎准教授が登壇

~丸の内駅舎を設計し、工学院大学設立にも貢献した建築家・辰野金吾をテーマに講演~

工学院大学(学長:佐藤光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)の藤森照信特任教授(建築学部)と大内田史郎准教授(建築デザイン学科)が、東京駅丸の内駅舎内にある東京ステーションギャラリーで1月26日(土)に開催される「東京駅で建築講座2」に登壇します。
2019年11月に同会場で開催予定の「辰野金吾没後100年記念特別企画展」にちなみ、辰野金吾をテーマに講演します。

【プレスリリース】日本の近代建築の象徴”東京駅丸の内駅舎”で開催される建築イベントに藤森照信特任教授と大内田史郎准教授が登壇 [105KB]
全文を読む

工学院大学が超高齢社会を研究するシンポジウムを1月15日に開催

工学院大学(学長:佐藤光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)は、高齢者をはじめ多世代の誰もが快適で豊かな生活を営む社会を目指す「共生工学:ジェロンテクノロジー」をキーワードに、2019年4月に共生工学研究センター(仮称)を開設し、超高齢社会の課題解決を図る学部・学科横断型の教育研究を実施します。キックオフイベントとして1月15日(火)に工学院大学新宿キャンパスを会場にシンポジウムを開催します。建築におけるロボット工学を専門とするトマス・ボック教授(ミュンヘン工科大学)による基調講演に続き、この分野において世界的に活躍している長澤泰特任教授のファシリテーションによるパネルディスカッションを行います。

【プレスリリース】工学院大学が超高齢社会を研究するシンポジウムを1月15日に開催 [240KB]
全文を読む

工学院大学 2019年4月新設の航空理工学専攻に「パイロット養成支援制度」を導入

~パイロットを目指す若者を費用面から支援、大阪航空株式会社と覚書締結~

工学院大学(学長:佐藤光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)は、2019年4月に新設する航空理工学専攻(先進工学部機械理工学科)の国内提携フライトスクールである大阪航空株式会社(代表取締役社長:中山 光吉、所在地:大阪府八尾市)と12月7日にパイロット養成に関する覚書を締結しました。これにより、パイロットを目指す若者を費用面から支援し、高度な工学知識を兼ね備えたこれまでにない“エンジニア・パイロット®”を養成します。
  • 覚書を締結した佐藤光史学長(右)と大阪航空中山光吉代表取締役社長(左)
【プレスリリース】工学院大学 2019年4月新設の航空理工学専攻に「パイロット養成支援制度」を導入 [321KB]
全文を読む

工学院大学建築学部の学生たちが、地産地消ものづくりで倉庫を製作

~キャンパス内施設の建て替えを通して実践的に木造建築を学ぶ~

工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)の学生グループである「K×Kプロジェクト」(ケーケープロジェクト)が、八王子キャンパスに2棟目となる木造建築の「体育授業用具倉庫」を設計・製作しました。地産地消のものづくりとして地元多摩産の木材を活用するなど、学生たちの手でキャンパス内施設の建て替えを行い、実践的に建築学を学んでいます。
  • 八王子キャンパス「体育授業用具倉庫」
【プレスリリース】工学院大学建築学部の学生たちが、地産地消ものづくりで倉庫を製作 [891KB]
全文を読む

建築学部の学生が中高生の防災活動をユニークにデザイン

~12/20校内防災訓練でオリジナル「防災マニュアル」を活用~

工学院大学(学長:佐藤光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)の村上研究室(指導教員:村上正浩教授/建築学部まちづくり学科)は、都立南多摩中等教育学校の生徒会組織である防災支援隊と共に、防災力の向上に取り組んでいます。12月20日(木)に都立南多摩中等教育学校で防災訓練を行い、同校オリジナルの「初動対応マニュアル」及び「一時滞在施設運営マニュアル」の検証や、南多摩中等教育学校ならではの発災事象を盛り込んだ「防災ゲーム」による防災意識向上を図ります。
  • 過去の活動の様子
【プレスリリース】建築学部の学生が中高生の防災活動をユニークにデザイン [468KB]
全文を読む

工学院大学附属中学生、ものづくりを競うコンテストの「FAB 3D CONTEST 2018」で優秀賞などを受賞

~リコーダーや自動車のサスペンションから新たな楽器を発想~

工学院大学附属中学校(校長:平方 邦行、所在地:東京都八王子市)の生徒たちが制作した作品が、3Dプリンターを使った創造的なものづくりを競うコンテスト「FAB 3D CONTEST 2018」(主催:慶應義塾大学SFC研究所ファブ地球社会コンソーシアム)のカテゴリー3にて、優秀賞(第1位相当)と特別賞(第2位相当)を受賞しました。
  • 優秀賞作品『リボーン(ReBone)』

  • 特別賞作品『suspenzer』

【プレスリリース】工学院大学附属中学生、ものづくりを競うコンテストの「FAB 3D CONTEST 2018」で優秀賞などを受賞 [281KB]
全文を読む

工学院大学学生プロジェクト「Science Create Project」が 「NHKサイエンススタジアム2018」でワークショップを開催

~ 科学実験を通して子どもたちに科学の面白さを伝えます! ~

工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)学生プロジェクトの一つ「Science Create Project(サイエンス・クリエイト・プロジェクト、以下SCP)」が、2018年12月1日(土)・2日(日)に日本科学未来館(東京都江東区)で開催される「NHKサイエンススタジアム2018」でワークショップを行います。
【プレスリリース】工学院大学学生プロジェクト「Science Create Project」が「NHKサイエンススタジアム2018」でワークショップを開催 [196KB]
全文を読む

工学院大学附属中学生、平和をテーマに制作した映像「PEACE」がアメリカPSGFFで4位に入賞、国連本部で表彰

工学院大学附属中学校(校長:平方 邦行、所在地:東京都八王子市)の生徒たちが平和をテーマに制作した映像『PEACE』が、アメリカで行われた国連NGOの平和団体が主催する映像祭「Peace In The Streets Global Film Festival」(以下、PSGFF)で4位に入賞し、制作した生徒4名が11月8日に国連本部での表彰式に出席しました。
【プレスリリース】工学院大学附属中学生、平和をテーマに制作した映像「PEACE」がアメリカPSGFFで4位に入賞、国連本部で表彰 [325KB]
全文を読む

新宿西口防災訓練との連携によるドローンを活用した超高層ビル街複数拠点での災害対応実証実験

新宿駅周辺防災対策協議会のメンバーである、損害保険ジャパン日本興亜株式会社、SOMPOリスクマネジメント株式会社、工学院大学、株式会社理経および新宿区(以下、「チーム・新宿」)は、合同で日本有数の人口密集地かつ超高層ビル街である新宿西口エリアにおいて、小型無人航空機(以下、「ドローン」)を活用した災害時の情報収集・発信の実証実験を進めています。その第三弾を11月15日(木)に行います。
【プレスリリース】新宿西口防災訓練との連携によるドローンを活用した超高層ビル街複数拠点での災害対応実証実験 [357KB]
全文を読む

災害時に通信等を担う車両を『防災WEEK2018』11/13~21 西新宿で展示

~”新宿ならでは防災”を体験するイベント~

工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)は、『防災WEEK2018』を11 月13 日から新宿キャンパスなどで開催し、体験型イベントや講演会を行います。大学の建築学部と情報学部の専門性を生かした「エリア防災」研究の取り組みの一つとして、新宿駅周辺防災対策協議会の中心となる新宿区が掲げる”新宿ならでは防災”を広く周知し、災害時の新宿駅周辺での混乱を防ぐことを目的としています。
【プレスリリース】工学院大学、災害時に通信等を担う車両を『防災WEEK2018』11/13~21 西新宿で展示 [1.41MB]
全文を読む

工学院大学附属中学生、福祉をテーマに制作した映像がTBS主催「DigiCon6 JAPAN Awards」でJAPAN Youth New Hope賞を受賞

工学院大学附属中学校(校長:平方 邦行、所在地:東京都八王子市)の生徒たちが福祉をテーマに制作した映像『What is Welfare?』が、10月13日(土)に行われたTBSが主催する映像コンテスト「DigiCon6」において、JAPAN Youth New Hope賞を受賞しました。
【プレスリリース】工学院大学附属中学生、福祉をテーマに制作した映像がTBS主催「DigiCon6 JAPAN Awards」でJAPAN Youth New Hope賞を受賞 [283KB]
全文を読む

超高齢社会を支える学部・学科横断型の教育研究をスタート

~「ジェロンテクノロジー」をキーワードに全学部の知を集結、 新しい教育・研究スタイルの確立へ~

工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)は、2019年4月より共生工学研究センター(仮称)を開設し、「共生工学:ジェロンテクノロジー」をキーワードとして学部・学科横断型の教育研究を実施します。
「ジェロンテクノロジー」は、超高齢社会・人口減少社会において、新たに生じた諸問題を多分野の総合的な学問によって解決することを目指した分野横断型技術です。本学はこの問題をさらに拡大して捉え、高齢者をはじめ多世代の誰もが快適で豊かな生活を営む社会を目指す「共生工学」として発展させ、異分野の専門家と連携して、さまざまな課題に挑戦できる能力を持つ人材を育成します。
【プレスリリース】工学院大学が、超高齢社会を支える学部・学科横断型の 教育研究をスタート [347KB]
全文を読む

火山噴火時の土石流予測システムで第8回ロボット大賞・国土交通大臣賞受賞

~システムインテグレーション研究室らの共同研究成果~

工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)の羽田 靖史准教授(工学部機械システム工学科システムインテグレーション研究室)らの共同研究『ドローンを用いた火山噴火時の土石流予測システム』が、2018年10月12日(金)に発表された第8回ロボット大賞(共催:経済産業省(幹事)、一般社団法人日本機械工業連合会(幹事)、総務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、国土交通省)において国土交通大臣賞を受賞しました。
【プレスリリース】工学院大学 火山噴火時の土石流予測システムで 第8回ロボット大賞・国土交通大臣賞受賞 [317KB]
全文を読む

航空理工学専攻 説明会を10月20日(土)に開催

~2019年4月新設、高度な工学知識を兼ね備えた “エンジニア・パイロットⓇ”を養成~

工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)は10月20日(土)、新宿キャンパスで航空理工学専攻 説明会を開催します。本専攻は2019年4月に先進工学部機械理工学科に新設され、高度な工学知識と操縦技術を兼ね備えた“エンジニア・パイロットⓇ”の養成を行います。
【プレスリリース】航空理工学専攻 説明会を10月20日(土)に開催 [271KB]
全文を読む

肌の動きのタイムラグによる老化印象の原因を解明

~ポーラ化成工業との共同研究成果を世界的に権威ある化粧品技術者学会で発表~

工学院大学(学長:佐藤光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)情報学部情報デザイン学科・蒲池みゆき教授とポーラ化成工業株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:釘丸和也)の共同研究グループは、2018年9月18日~9月21日にドイツ・ミュンヘンで開催された第30回国際化粧品技術者会連盟(以下 IFSCC(※))世界大会の口頭発表部門で、これまで着目されてこなかった肌の「動き」による老化印象についての研究を発表しました。
【プレスリリース】肌の動きのタイムラグによる老化印象の原因を解明 [267KB]
全文を読む

秋のオープンキャンパスを10月7日(日)に開催

~入試対策講座や研究室紹介など充実のプログラム~

工学院大学(学長:佐藤光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)は秋のオープンキャンパスを10月7日(日)に新宿キャンパスで開催します。入試を目前に控えた受験生や保護者の方に向けて、一般入試対策や推薦入試・面接ガイダンス、保護者向けガイダンスを開催します。さらに、各学部・研究室の紹介、大学での学びを体感できる実習・実験コーナーや、2019年4月に先進工学部に新設される『航空理工学専攻』の説明会、フライトシミュレーター体験など多彩なプログラムを用意しています。
【プレスリリース】秋のオープンキャンパスを10月7日(日)に開催 [262KB]
全文を読む

工学院大学新宿キャンパスが ショートフィルム上映の映画館になる2日間

~10月4日(木)・5日(金) 「西新宿超高層ビル SHORT SHORTS シアター」に会場協力 ~

工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)は、高層キャンパスを構える西新宿エリアで開催される「西新宿超高層ビル SHORT SHORTS シアター」に大学施設を開放し、ショートフィルム上映の映画館として会場協力します。このイベントは、歩道などの公共空間などを活かした新たな賑わいの創出と空間活用拡大の社会実験と位置づけ、国家戦略道路占用事業「Shinjuku Share Lounge 2018」として開催されます。
【プレスリリース】工学院大学新宿キャンパスが ショートフィルム上映の映画館になる2日間 [207KB]
全文を読む

エリア防災活動支援技術をイノベーション・ジャパン(大学組織展示)に出展

~災害時の現地本部や避難所に、エネルギー供給と情報収集・発信ができる車両を初公開~

工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)は、JSTとNEDOが主催する国内最大規模の産学マッチングイベント『イノベーション・ジャパン2018』の大学組織展示に出展します。文部科学省の私立大学研究ブランディング事業の採択(2016年11月)を受けた「エリア防災」事業として、建築学と情報学の最新技術を融合させて製作した「自立移動式ゼロエネルギーユニット」の実物展示を行うなど、災害活動支援技術の社会実装を展開しています。
【プレスリリース】エリア防災活動支援技術をイノベーション・ジャパン(大学組織展示)に出展 [321KB]
全文を読む

先生役として参加する学生・生徒たちも大きく成長

多摩地域最大級の科学イベント「工学院大学科学教室」を 8/25(土)・26(日)に開催

工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)は、毎夏の恒例イベントとして定着し、今年で開催25回を迎える「工学院大学わくわくサイエンス祭 科学教室」を2018年8月25日(土)・26日(日)の2日間、八王子キャンパスで開催します。毎年7,500人以上が来場する多摩地域最大級の科学イベントは、各演示を担当する多数の学生・生徒が「企画・運営」や「教える側」として携わり、企画力・技術力・コミュニケーション力・プレゼンテーション力を磨き、自身を成長させる場としての役割も担います。
【プレスリリース】先生役として参加する学生・生徒たちも大きく成長  多摩地域最大級の科学イベント「工学院大学科学教室」を 8/25(土)・26(日)に開催 [194KB]
全文を読む

工学院大学ソーラーチーム、国内最長のソーラーカーレース 「ワールド・グリーン・チャレンジ」で4度目の優勝!

工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)の学生プロジェクト『工学院大学ソーラーチーム』は、大潟村ソーラースポーツライン(秋田県南秋田郡大潟村)で行われた国内最長のソーラーカーレース「ワールド・グリーン・チャレンジ」のチャレンジャー・クラスに参戦し、2012年・2014年・2016年大会に続き4回連続での優勝を果たしました。
【プレスリリース】工学院大学ソーラーチーム、国内最長のソーラーカーレース 「ワールド・グリーン・チャレンジ」で4度目の優勝! [301KB]
全文を読む

工学院大学ソーラーチームが国内最長のソーラーカーレース 「ワールド・グリーン・チャレンジ」に参戦

~4度目の優勝に向け準備万端、2019年の世界大会へ向けた実戦も想定~

工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)の学生プロジェクト『工学院大学ソーラーチーム』が、2018年8月7日(火)から大潟村ソーラースポーツライン(秋田県南秋田郡大潟村)で開催される「ワールド・グリーン・チャレンジ」に参戦し、2016年大会に続く4度目の優勝を目指します。
【プレスリリース】工学院大学ソーラーチームが国内最長のソーラーカーレース 「ワールド・グリーン・チャレンジ」に参戦 [195KB]
全文を読む

工学院大学 夏のオープンキャンパスを8月4日(土)・5日(日)に開催

~シャトルバス運行で新宿・八王子2つのキャンパスを紹介~

工学院大学(学長:佐藤光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)は、2018年度夏のオープンキャンパスを8月4日(土)・5日(日)の2日間、新宿と八王子の両キャンパスで開催します。

各学部や研究室の紹介をはじめ、大学での学びを体感できる実習・実験コーナー、2019年4月に先進工学部に新設される『航空理工学専攻』のフライトトレーニングで使用するフライトシミュレーター体験など様々なプログラムを用意しています。
【プレスリリース】工学院大学 夏のオープンキャンパスを8月4日(土)・5日(日)に開催 [206KB]
全文を読む

工学院大学附属中学生が制作した平和がテーマの映像を 八王子市「平和展」で上映

~米国映像祭ファイナリスト選出作品 制作の過程や米国での反響を発表~

工学院大学附属中学校(校長:平方 邦行、所在地:東京都八王子市)の生徒たちが平和をテーマに制作したビデオを、八王子市主催の「平和展」で上映します。この作品は、構成・取材・編集などすべてを生徒自身が担当し作り上げ、国内外の映像祭で好評を得ました。平和展の講演会では、制作過程での葛藤や気づき、「プロビデンス・チルドレンズ・フィルム・フェスティバル2018(以下、米国映像祭)」で放映した反響などを紹介します。
【プレスリリース】工学院大学附属中学生が制作した平和がテーマの映像を 八王子市「平和展」で上映 [222KB]
全文を読む

# 大学広報